最新の更新

【期間限定デモ】ESOTERICのプリメインアンプ『F-07』を期間限定でご用意しています。

ESOTERIC・プリメインアンプのエントリーモデル (と言っても、他社から見たらかなりの高級機)『F-07』を期間限定でお聴き頂けます。 ※ESOTERIC F-07 プリメインアンプ モデル名からも想像できる通り『F-07』は、 純A級パワーアンプを搭載し...

2017年11月20日月曜日

11月23日(水・祝)・勤労感謝の日に、Bowers&Wilkins、この冬話題の新スピーカー・シリーズ『700S2 Series』の試聴会を開催します。

今週のオーディオスクェア藤沢店は、試聴会が目白押しです。

その第1弾が、11月23日の祝日・勤労感謝の日に開催する、
この冬話題のスピーカー、Bowers&Wilkinsの『700S2 Series』の試聴会です。


※Bowers&Wilkins 702S2 トールボーイ型スピーカー NEW


トップモデル『800D3 Series』のエッセンスを『これでもか』と詰め込んだ、
ミドルレンジの高性能スピーカー・シリーズです。
基本デザインこそ前作『CMS2 Series』を引き継いでいますが、
その中身は『同じところがあるの?』と言うほどの激変ぶり。

振動板は全て変更。

ツィーターは、新たに開発されたアルミニウム表面にカーボンを蒸着させた振動板に、
さらに外周部をカーボン製リングで補強を施す事で、
『もしかしたらダイヤモンド・ツィーター以上?』とも思える、
驚異的な47kHzと言う高い一次共振周波数を誇る高性能さ。


※Bowers&Wilkins 700S2 Series カーボン・ドーム・ツィーター

『705S2』と『702S2』のエンクロージャー上面に備え付けられる、
オントップ仕様のツィーターケースは、なんとアルミニウム削り出し。


※702S2、705S2に搭載されるアルミ削り出しのツィーター・ハウジング


ブックシェルフ型のウーハーであり、
トールボーイ型のミッドレンジとなるユニットの振動板には、
『800D3 Series』に初採用された『コンティニュアムコーン』を採用。


※コンティニュアムコーン採用のミッド・ウーハー

フレームも共振対策のチューンド・マスター・ダンパーが取り付けられており、
まさしく『800D3 Series』直系の価格破壊ともいえる仕様です。


※700S2シリーズのミットレンジ用フレーム

この『コンティニュアムコーン』を採用したトールボーイ用のFSTミッドレンジは、
バッフル面からデカップルリング(分離)されて取り付けられており、
これは『804D3』にも未採用の最新の技術でもあります。


また、トールボーイ用のウーハー振動板は素材こそ違いますが、
その形状は『800D3 Series』と同じく、変厚設計を取り入れる事で、
剛性を高くする事と、軽量化を同時に図っています。


※700S2シリーズのトールボーイ型スピーカーに採用されるウーハー


この様に、新しい700シリーズは型番こそ800シリーズに次ぐもの、となっていますが、
その技術レベルは最新の『800D3 Series』以外に対しては、
ほとんどの部分で凌駕してる、まさに『下剋上モデル』と言える製品と言えます。

それでは、そのサウンドは?


ぜひ、そちらは店頭でご確認下さい。




Bowers&Wilkins NEW 700S2 Series登場記念試聴会

開催日 : 11月23日(木・祝)
開催時間 : 14:00~16:00 ※約2時間を予定しております。
開催場所 : オーディオスクェア藤沢店試聴室

<使用機器>
Bowers&Wilkins
 ・707S2 : ブックシェルフ型スピーカー NEW
 ・705S2 : ブックシェルフ型スピーカー NEW
 ・702S2 : トールボーイ型スピーカー NEW

marantz
 ・SA-10 : SACDプレーヤー
 ・PM-10 : プリメインアンプ

お席のご予約はこちら↓
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfAAiIdfQnFmgtkm0UV3kqcv2GExFyGmbQHZdHlfOjkAxE93w/viewform


お電話でもお席のご予約承ります。
オーディオスクェア藤沢店 TEL 0466-31-0603


『707S2』、『705S2』展示開始のブログはこちら↓
https://nojima-audiosquare.blogspot.jp/2017/10/b.html




▽△

【期間限定デモ】ESOTERICのプリメインアンプ『F-07』を期間限定でご用意しています。

ESOTERIC・プリメインアンプのエントリーモデル
(と言っても、他社から見たらかなりの高級機)『F-07』を期間限定でお聴き頂けます。


※ESOTERIC F-07 プリメインアンプ

モデル名からも想像できる通り『F-07』は、
純A級パワーアンプを搭載した『F-03A』、AB級パワーアンプを搭載した『F-05』に続く、
ESOTERICの新世代プリメインアンプのエントリーモデルです。

基本的な構成や、筐体は上位モデルを踏襲。
定格出力を100w/ch/8Ωとする事で、最終段を2パラにする等でコストは抑えていますが、
L/R独立入力基板を採用したフルバランス構成のプリアンプや、
プリアンプからパワーアンプ終段までの全段L/R独立デュアルモノラル構成、
ラダー抵抗切替型ボリュームを、L/R、正/負、合計4回路搭載した、
電子制御式ボリューム『ESOTERIC-QVCS』、強力な電源部等々
新世代ESOTERICアンプの魅力を、1台にまとめ上げています。


ESOTERIC『F-07』のご紹介はこちら↓
http://nojima-audiosquare.blogspot.jp/2016/07/720esotericf-07.html


11月26日(日)までの期間限定デモとなりますのでご了承下さい。


ESOTERIC F-07 AB級プリメインアンプ
定価550,000円(税別)

定格出力 : 100w+100w(8Ω)、170w+170w(4Ω)
ダンピングファクター : 370
入力
 ・XLR入力*1系統
 ・RCA入力*4系統
 ・PHONO入力(RCA端子)*1系統 : MM/MC切替
 ・外部プリアンプ入力(XLR端子)*1系統
出力
 ・RCA出力*1系統 : プリアンプ出力、録音用出力切替
 ・ヘッドフォン出力*1系統 : 専用ヘッドフォンアンプ回路搭載
 ・スピーカー端子 : スクリュータイプ*2系統
トーンコントロール
 ・バス : ±12dB/63Hz
 ・トレブル : ±12dB/14kHz
サイズ : W445mm*H191mm*D468mm(突起物含む)
重量 : 27.2kg

オプションボード : OP-DAC1 USB入力搭載D/Aコンバーター
定価80,000円(税別)
デジタル入力
 ・同軸(RCA端子)*1系統 : 32~192kHz、16~24bit/リニアPCM
 ・光(TOS)*1系統 : 32~192kHz、16~24bit/リニアPCM
 ・USB-B端子*1系統 : PCM/32~384kHz、16~32bit ・ DSD/2.8、5.6、11.2MHz




▽△

2017年11月18日土曜日

本日は、2時よりKRYNAのケーブルインシュレーター『Helca 1』の体験試聴会です。

今日の2時からは、KRYNAのケーブルインシュレーター『Helca 1』の試聴会です。

只今、最終のセッティング中。


今回はケーブルに巻き付けるアクセサリーである事と、
どのケーブルに対策を行っているかを分かりやすくするために、
機器の背面を手前にさせて頂いています。


効果も高く、今までのケーブルインシュレーターの問題点もクリアーしたアイデア商品です。
是非その効果を試聴会でご確認下さい。


『Helca 1』のご紹介と、店頭での先行試聴のブログはこちら↓
https://nojima-audiosquare.blogspot.jp/2017/09/krynahelca-1.html

試聴会の詳細はこちら↓
https://nojima-audiosquare.blogspot.jp/2017/09/krynahelca-11118.html



KRYNA・ケーブルインシュレーター・Helca 1・体験試聴会
 ~巻き付けるだけで振動をシャットアウト~

開催日 : 11月18日(土)
開催時間 : 14:00~16:00 ※約2時間を予定しております。
開催場所 : オーディオスクェア藤沢店試聴室

<使用機器>
KRYNA
 ・Helca 1 : ケーブルインシュレーター
 ・S60-805D328T : Bowers&Wilkins 805D3用スタンド
※Bowers&Wilkins『S60-805D328T』のご紹介&展示開始ブログはこちら↓
 ・電源ケーブル、音声ケーブル、スピーカーケーブル等

marantz
 ・SA-10 : SACDプレーヤー
 ・PM-10 : プリメインアンプ
Bowers&Wilkins
 ・805D3 : ブックシェルフ型スピーカー


お席のご予約はこちら↓
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdO4982xqrqfElPvcGvArcnyY13SL52ULhwTl2zetwkGrN9oA/viewform

お電話でもお席のご予約承ります。
オーディオスクェア藤沢店 TEL 0466-31-0603




▽△

本日の配送。今日は日本音響エンジニアリングのルームチューニングアイテム『AGS』のお届けです。

今日は藤沢市のS様宅まで、
日本音響エンジニアリングのルームチューニングアイテム、
『AGS(Acoustic Grove System)』のお届けと、設置をさせて頂きました。


※日本音響エンジニアリング AGS SILVAN(両サイド) & ANKH-Ⅲ(中央)

『AGS』は店頭で、比較的導入しやすい『SYLVAN』の本格的なデモを、
今年の春より開始させて頂いていますが、
ご体験頂いた皆さんからも大変高い評価を頂いています。

『SYLVAN』展示開始のブログはこちら↓
https://nojima-audiosquare.blogspot.jp/2017/05/agssylvan.html


S様はスピーカーの入替、真空管パワーアンプとSACDプレーヤーの新規導入、
ラックの変更及び、スピーカーの設置場所を含めたレイアウト変更等々、
昨年の夏から大幅なシステムの変更を行ってきました。
その上で浮上したのが、部屋のルームアコースティックの問題。

そこで、店頭で『SYLVAN』のデモンストレーションを行わせて頂きました。
S様からも、その効果の高さに高い評価を頂きました。


今回の導入前には、お部屋によりあったモデルと設置場所をご提案させて頂く為に、
『SYLVAN』を始め、『ANKH Serise』の代表的モデルを持ち込み、デモを行いました。

基本形の『ANKH』、コーナー用の『ANKH-Ⅱ』、
そして小型ながら効果の高い『ANKH-Ⅲ』を部屋に設置しながら、その効果を確認。
1階のリスニングルームからお庭へのアクセス等も考慮しながら、
最終的に最も効果的な組合せとなったのが、
今回お届けをさせて頂いた、『SYLVAN』と『ANKH-Ⅲ』でした。


『SYLVAN』はコーナーに設置する『ANKH-Ⅱ』の代わりに設置。
部屋のサイズも関係するのでしょうか、『ANKH-Ⅱ』以上にしっくりとするバランスに。
スピーカーのサイド(若干前)に置くよりも、奥行き感が増し自然な定位が得られました。
そして『AGS』の効果をより高めてくれたのが小型の『ANKH-Ⅲ』。
テーブルの上に置くと一気に定位が良くなり、前後感も明瞭になります。
手前に置くか、奥側に置くかでも表情が大きく変わります。
奥側だとより音場が深くなり、手前に置くとボーカルや楽器の実在感がアップします。


設置・調整が終わった後は、S様にも笑顔が。
『AGS』の効果で大き目の音量でも部屋の中で音が飽和する様な感覚が抑えられました。
また、低域は量感を損なうことなく、より明瞭になりました。
中高域の密度感も上がり、ボーカルや個々の楽器の質感もアップしました。


今回、S様宅での導入前のデモンストレーションでは、
想像していた以上に『AGS』の部屋に対しての量が大きなカギになる事を感じました。
プライベート的な部屋の容積では、大型の『ANKH Serise』は、
マイナスの効果にもなり得る事を体感させて頂くなど、有意義な時間となりました。




▽△

2017年11月17日金曜日

ESOTERIC・『名盤復刻シリーズ』から、JAZZ-BOXの第6弾・『GREAT JAZZ Selection』が、12月22日(金)に発売されます。

JAZZの名盤を集めたESOTERICのSACD-BOX・第6弾が、
12月22日(金)に発売される事になりました。

ESOTERICのSACD発売10周年を記念したBOXです。
それにふさわしく、今回はレーベルを超え、
1960年前後のモダン・ジャズの名盤が6枚揃いました。


※ESOTERIC 『GREAT JAZZ Selection』 SACD6枚組BOX ESSO-90173/78 NEW

収録される6枚は、どれもみなさんが1度はそのジャケットを見た事がある、
その中の代表曲を聴いた事があるといった、豪華な内容です。


①ウィントン・ケリー : ケリー・ブルー
  ナット・アダレイのコルネットから始まる表題曲『ケリー・ブルー』は誰もが知っているはず。
  録音 : 1959年2月、3月
   ウィントン・ケリー(ピアノ)、ポール・チェンバース(ベース)
   ジミー・コブ(ドラムス)、ナット・アダレイ(コルネット)
   ベニー・ゴルソン(テナー・サックス)、ボビー・ジャスパー(フルート)
  レーベル : リヴァーサイド
②ビル・エヴァンス : ワルツ・フォー・デヴィ
  説明不要のビル・エヴァンスを代表する傑作ライブ・アルバムです。
  録音1961年6月
   ビル・エヴァンス(ピアノ)
   スコット・ラファロ(ベース)、ポール・モチアン(ドラムス)
  レーベル : リヴァーサイド
③ウェス・モンゴメリー : フル・ハウス
  ジャズ・ギターを代表するライブ・アルバム。ライブらしい熱気が魅力です。
  録音 : 1932年6月
   ウェス・モンゴメリー(ギター)、ジョニー・グリフィン(テナー・サックス)
   ポール・チェンバース(ベース)、ウィントン・ケリー(ピアノ)
   ジミー・コブ(ドラムス)
  レーベル : リヴァーサイド
④バド・パウェル : ザ・シーン・チェンジズ
  冒頭の『クレオパトラの夢』はピアノ・トリオの曲の中でも知名度はNo.1と言えます。
  録音 : 1958年12月
   パド・パウェル(ピアノ)
   ポール・チェンバース(ベース)、アート・テイラー(ドラムス)
  レーベル : ブルーノート
⑤リー・モーガン : ザ・サイドワインダー
  60年代に流行したジャズ・ロックの代表曲『ザ・サイドワインダー』収録。
  録音 : 1963年12月
   リー・モーガン(トランペット)、ジョー・ヘンダーソン(テナー・サックス)
   バリー・ハリス(ピアノ)、ボブ・クランショウ(ベース)
   ビリー・ビギンス(ドラムス)
  レーベル : ブルーノート
⑥オスカー・ピーターソン : プリーズ・リクエスト
  原題『We Get Request』の通り、ポピュラーでご機嫌な曲のオンパレードです。
  録音 : 1964年10月、11月
   オスカー・ピーターソン(ピアノ)、
   レイ・ブラウン(ベース)、エド・シグペン(ドラムス)
  レーベル : ヴァーブ


ESOTERIC 『GREAT JAZZ Selection』 NEW

品番 : ESSO-90173/78(6枚組BOX)
定価 : 21,667円(税別)
仕様 : SACDハイブリッド
レーベル : リヴァーサイド、ブルーノート、ヴァーブ


2,000セット限定生産


2017年12月22日(金)発売予定。


ご予約受付を開始しました。
オーディオスクェア藤沢店 TEL 0466-31-0603


12月8日(金)には、ESOTERIC『名盤復刻シリーズ』の、
クラシックの名盤シリーズ、2タイトルが発売になります。
https://nojima-audiosquare.blogspot.jp/2017/11/128esotericsacd2.html




▽△

【期間限定デモ】イギリス・EARのCDプレーヤー『Acute Classic』を期間限定でご用意しています。

『CDは既に過去の物となり、打ち捨てられていく物なのか?』

マーケットを見回せば、確かに多くの高級機メーカーがCDプレーヤーの製造を止め、
ファイル再生プレーヤー(ネットワークプレーヤー等)やUSC-DACにシフトしています。

国内メーカーでも、CDプレーヤーの高性能な高級モデルは、
高級機を主体としたブランドとしてはAccuphase、ESOTERIC、LUXMAN、TAD、
中堅価格帯では、DENON、marantz、YAMAHAに、
後はC.E.C.が頑張ってるところ・・・といった状況。

海外ブランドに関しては、正直著名なブランドとしてはMcIntoshが頑張っていますが、
その他は高級機ブランドの少量生産のハイエンドモデルのみというのが実情です。
と言っても、こちらはかなり製品が絞られてきており、
CDプレーヤー時代には有名だったブランドは、もうほとんど残っていません。


でも、思い出してください。CDの登場は1982年。今から35年も前です。
そしてこの35年、パッケージメディアの王者として君臨し、
今なお大きなマーケットを握っているのは、やはりCDなのです。

アナログレコード(LP)を考えてみると、
モノラルの時代は普及したのが1950年代後半と言われていますから、
10年でステレオ盤LPに役目を引き継ぎました。
そのステレオ盤LPでさえも、マーケットを支配したのは、
オーディオシステムで音楽を聞くのが一般家庭に浸透した1960年代から20年程なのです。
しかもその終焉はあっという間で、現在のCDの様に粘り強くマーケットに残りませんでした。
※近年アナログレコードが再評価され、販売枚数を延ばしているとは言え、
(これはすごい事なのですが)現実的には、そのマーケットシェアは2%弱と言われています。

現在でも世界の音楽マーケットの3割以上はパッケージメディア(主にCD)が、
日本においては約8割のマーケットを実質持っているのです(ともに2016年の統計)。
もちろんこれは、その年に支払われた金額ですから、
いままでの35年間の累計を考えると、いかに多くのCDが皆さんの手元にあるかが想像できます。

そして、その中の多くの音楽が未だに配信されておらず、
また今後も配信される見込みの無い物が多く含まれているのです。

ファイル化しているから大丈夫という方も多いかもしれません。
が、そのファイル形式は何ですか?
iTunesも、WindowsMediaplayerも、デフォルト設定のままでは、
AACやWMA、MP3等の圧縮音源として保存されています。


LPをCDの登場に合わせ処分して後悔した先達と、同じ過ちを犯す必要はありません。
CDがアナログレコードに対して、ただ便利なだけのメディアだったら、
こんなにも長い間、多くの音楽ファンに支持され続けたでしょうか?
皆さん、もう一度、そしてもう少し、CDを見直してみませんか?
35年という時間は、CDの再生クオリティを、
発売当時からは考えられないほど高いレベルへと引き上げています。


『今、あなたが所有しているCDは宝物なのです』


という事で、今回の製品です。

イギリスの真空管アンプブランドであり、フォノイコライザー等アナログ再生にこだわる、
EARから発売されているCDプレーヤー『Acute Classic』を、
11月26日(日)までの期間限定でご用意させていただきました。


※EAR Acute Classic USB-DAC機能搭載CDプレーヤー

D/A変換された信号は、真空管(ECC82)を通過した後、
EARの主催者であるティム・パラヴィチーニ氏自身が、
納得を行くまで試行錯誤を繰り返し完成させた、出力トランスを介して出力されます。

アナログ出力は通常より高めの最大5Vrmsに設定されていますので、
フロントのボリュームを介して、パワーアンプを直接ドライブする事も可能です。
デジタル入力を3系統(USB、同軸、光)装備していますので、
デジタル機器専用のコントロールセンターとして使用する事も可能です。

もちろんそれらの出力は、CDと同様にEARこだわりのアナログ回路を介して出力されます。


通電してから30分絶ってからの、充実したボーカルは一聴の価値があります。
また、弾むような低域は他社の製品ではなかなか聴く事の出来ないサウンドです。

よりサンプリング周波数の高い信号の変換を実現する事を優先する、
高解像度感を優先した最新鋭モデルとは一味違うサウンドがこのモデルにはあります。

スピーカーの前面に音楽を押し出すような再現と、
一つ一つの音が有機的につながるような密度感のあるサウンドは、
このモデルでなくては・・・と強く感じられる方が必ずやいらっしゃるはずです。

現代のD/A変換技術と、真空管の組合せによる充実したサウンドを、
ぜひこの機会にご体験頂きたいと思います。


EAR Acute Classic USB-DAC機能搭載CDプレーヤー
定価890,000円(税別) : クロムバージョン(今回の展示色)
定価798,000円(税別) : ブラックバージョン

使用真空管 : ECC88*2
アナログ出力(可変) : RCA端子*1系統、XLR端子*1系統
アナログ出力インピーダンス : <60Ω
デジタル入力
 ・USB-B端子*1系統 : PCM系・最大192kHz/24bit
 ・同軸(RCA端子)*1系統 : 最大192kHz/24bit
 ・光*1系統 : 最大96kHz/24bit
ヘッドフォン出力 : φ6.3mm*1系統 / 16~100Ω
サイズ : W435mm*H65mm*D285mm
重量 : 8kg 


11月26日(日)までの、期間限定デモとなります。




▽△

2017年11月14日火曜日

今週末11月18日(土)は、話題の新アクセサリー・KRYNAの『Helca 1』体験試聴会です。

ケーブルに巻き付ける事で振動を遮断する、
話題のケーブルインシュレーター、KRYNA『Helca 1』の試聴会が、
今週末の11月18日(土)に開催されます。


※KRYNA Helca 1 使用例

今までのケーブル用インシュレーターは、
床の上に振動を遮断するモノを置き、その上にケーブルを這わしていました。
その為、ちょっとした事でずれてしまったり、
ケーブルを交差させようとすると、床からは浮かせられても、
互いに触れてしまう事でケーブル同士が影響しあってしまいました。
また、ラックの背面ではケーブル同士が当たってしまったり、
ラックとそこに触れているケーブルの間では振動対策を行う事は難しい状態でした。

『Helca 1』は螺旋状のチューブ内に『スティッキー溶液』と呼ばれる、
特殊なダンピング液を封入した物をケーブルに巻き付ける事で、
ケーブルが外部から仮想的に浮いた状態を作り出す事で、振動を遮断しています。

この方法なら、ケーブル同士が交差したりラックの角などに触れていても、
外部からの振動を遮断するだけでなく、自身の振動も他に伝える事を防ぐ事ができます。

『Helica 1』は、今まで対策ができなかった場所にも、
振動対策を可能にした画期的なアクセサリーです。


『Helica 1』の先行試聴ブログはこちら↓
https://nojima-audiosquare.blogspot.jp/2017/09/krynahelca-1.html


先行で試聴会を開催したオーディオスクェア各店でも、
高い評価を頂いたその効果を、ぜひこの機会にお確かめ下さい。



KRYNA・ケーブルインシュレーター・Helca 1・体験試聴会
 ~巻き付けるだけで振動をシャットアウト~

開催日 : 11月18日(土)
開催時間 : 14:00~16:00 ※約2時間を予定しております。
開催場所 : オーディオスクェア藤沢店試聴室

<使用機器>
KRYNA
 ・Helca 1 : ケーブルインシュレーター
 ・S60-805D328T : Bowers&Wilkins 805D3用スタンド
※Bowers&Wilkins『S60-805D328T』のご紹介&展示開始ブログはこちら↓
 ・電源ケーブル、音声ケーブル、スピーカーケーブル等
 
marantz
 ・SA-10 : SACDプレーヤー
 ・PM-10 : プリメインアンプ
Bowers&Wilkins
 ・805D3 : ブックシェルフ型スピーカー
 
 
 
 
お電話でもお席のご予約承ります。
オーディオスクェア藤沢店 TEL 0466-31-0603
 
 
 
 
▽△

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています
ノジマ・オーディオスクェアは、Accuphase製品、神奈川県No.1の正規取扱い法人です。メンテナンスも含めご相談お待ちしています。