2016年8月25日木曜日

『MQA』に関しての追記。

イギリス・MERIDIAN(メリディアン)が開発した、『MQA』をご紹介したところ、
『MQAファイル』を再生したところ、出力のサンプリングが、
44.1kHz、48kHzという値で、ハイレゾでは無いのでは?という指摘を受けました。


実際に、『MQAファイル』を通常のUSB-DACに出力すると、
44.1kHz、もしくは48kHzの信号が入力されていると表示されます。


※MQA 352.8kHz信号をDA-250に入力した時の表示

実際にMQAファイルを再生し、
MQA非対応のUSB-DAC、LUXMAN『DA-250』と接続してみると、
確かに入力の表示は44.1kHzとなっています。

ファイルの販売元である2Lレーベルは、
サンプリング周波数352.8kHzのMQAファイルだと言っていますが、
この状態では、そのようなハイサンプリングのデータとは思えません。


お店にデモ機のある、MERIDIANのMQA対応USB-DAC『Explorer2』に接続しても、
PCのオーディオプレーヤーの出力サンプリング数は、44.1kHzを示しています。
 
 
※MQA 352.8kHzを foobar2000で再生した時のサンプリング表示
 
サンプリング352.8kHzのMQAファイルをfoobar2000で再生した際の、
サンプリング周波数も、44.1kHzと表示されているのがわかります。
が、赤い丸の左側のデータ容量が、
FLACファイルでありながら1396kbpsと、かなり大きくなっているのがわかります。
 
 
※44.1kHz/16bitのFLACファイルをfoobar2000で再生している際の表示 
 
同じ音源の、44.1kHz/16bitを再生すると、データ容量は702kbpsとなっています。

後で出てきますが、データ量が同じ44.1kHzでありながら、
およそ2倍(MQA/1396kbps:FLAC/702kbps)となっている事を覚えておいてください。


この様に表示されるサンプリング周波数が、44.1kHzや48kHzである事もあり、
既にMQA対応製品を販売している、ONKYO、PIONEERのサポートセンターでも、
MQAファイルを再生した際に、PC等から出力されるデジタル信号には、
ハイレゾ成分(超高域やより大きなダイナミックレンジ)は含まれていない、
と案内されている様です。
 

でも、実はここが『MQA』のポイントと言えます。


『MQAファイル』は、PCのプレーヤー上で展開はされず、
対応したUSB-DACや、今後発売されるネットワークプレーヤー等の、
D/Aコンバーターの直前で、元の信号に展開され、
ハイレゾ信号としてD/A変換されているのです。

ですから、PCのプレーヤーソフトで再生した際は、
基本となるサンプリング周波数の44.1kHz、48kHzの表示となるのです。

対応した機器は、通常のD/Aコンバーター等では検出できない様に、
カプセル化され、守られたハイレゾ成分をカプセルから取り出し、
基本となる信号にプラスしているのです。

このカプセル化された分のデータ量の分が、
約2倍というデータ量の差として表れているのです。


カプセル化されたデータが、展開されている工程がしっかり行われている事を示すため、
MERIDIANのMQA対応USB-DAC・『Explorer2』では、LEDによる表示を行っています。


※MERIDIAN Explore2 MQA再生時のLED表示

3つの表示の内、出力端子に近い側から入力のサンプリング周波数を表します。
手前から176.4/192kHz、真ん中が88.2/96kHz、奥が44.1/48kHzを示します。
一番奥は、入力がMQAかどうかも表示しており、ブルーに光っている場合は、
『MQA Studio』という、製作者サイド(※1)がクオリティを保証した、
高品位データであることを示しています。
※1 アーティスト、プロデューサー、版権元を指します。それ以外のMQAはグリーンの表示になります。

『Explorer2』は176.4/192kHzまで対応していますから、
写真の状態では、176.4kHzのサンプリングまで展開し、
MQAファイルを再生している事を示しています。
※MQAの『オーディオ折り紙』の展開は、入力された機器のレベルに合わせて行われます。
サンプリング周波数352.8kHzの場合は『オーディオの折り紙』を3工程行っていますが、
『Explore2』は176.4/192kHzまでの対応なので折り紙を2回目まで展開しています。


同じ音源の、FLAC・44.1kHzのファイルを再生している際は、以下の様に表示されます。


※Explorer2で44.1kHzファイルを再生している際の、LED表示

PCのプレーヤーソフト上では同じ44.1kHzのファイルとなっていますが、
USB-DAC上でハイサンプリングのハイレゾデータに変換されている事が、
これらの表示で確認できます。


『MQA』の魅力。ハイレゾ信号をコンパクトに↓
http://nojima-audiosquare.blogspot.jp/2016/06/718meridianmqa.html

『MQA』の主要技術・『オーディオの折り紙』のベースとなる考え方↓
http://nojima-audiosquare.blogspot.jp/2016/07/meridian1.html

『オーディオの折り紙』による圧縮工程↓
http://nojima-audiosquare.blogspot.jp/2016/07/meridianmqa2.html




▽△

2016年8月24日水曜日

『ダンピング・ファクター』って、この頃よく聞きますよね。この数値が違うとどうなるのか、実験してみました。

パワーアンプの性能を表すスペックの1つに、
『ダンピング・ファクター』というのがあるのはご存知かと思います。

ダンピング・ファクターは、
周波数50Hzの時のアンプの出力インピーダンスを測定し(測定時には、8Ωの抵抗を使用)、
標準値である8Ωを、計測値で割る事で産出されます。

今回実験に使用した、Accuphaseの『A-70』は、ダンピング・ファクター値が800です。

逆に計算すると、8Ω÷800=0.01Ωとなり、
『A-70』の出力インピーダンスは0.01Ωであることが分かります。
※ダンピング・ファクター800は保証値で、実際にはそれ以上だそうです。


ダンピング・ファクターの違うモデルを用意して聞き比べ・・・という手もあったのですが、
ダンピング・ファクターの差の前に、モデルごとの音色の違いのに関する問題もあり、
どうしたものか・・・となりましたが、アキュフェーズさんの提案で、
今回は、スピーカーとアンプの間に抵抗器を入れる事で、
仮想的にダンピング・ファクターを下げる方法で検証する事になりました。



まずは、ストレートにスピーカに接続しました。


※100Hzパルス信号

その際の波形もチェック、という事で100Hzのパルス信号を計測してみました。
暴れの無い、きれいな波形が出ている事が確認できます。


その後10Ωのダンピング抵抗を挿入してみました。
ダンピング・ファクター(DF)は、
8Ω÷10Ω=0.8となり、おおよそ1という、
真空管アンプ(の中でもDF値が低い部類)相当になります。

高域は抵抗器の音色の問題があるので、一先ず無視。低域だけ集中して聞きます。

ベース音はストレート接続に比べ、かなり量感が増しますが、
全体的に一聴でわかる位、ぼやけた感じになります。
よく言えば、豊かで聞き疲れしない音と言えますが、
ストレート接続を聴いた後では、低域の伸びと解像度に不満を覚える事も事実です。

その際の波形もチェック。


※100Hzパルス信号 10Ω抵抗挿入

波形の高さが低いのは、抵抗で信号が下がったためです。
注目は、パルス信号の後の暴れです。
ダンピング・ファクターが低い状況では、
信号が切れた後、ユニットの振動板を止める事が出来ず、
出力された信号に付帯音が加わっている事がわかります。

この暴れが、試聴の際に感じた豊かさにつながっているとも言えます。


次に0.1Ωの抵抗を挿入。
ひと昔前のパワーアンプの標準的な値、ダンピング・ファクター100を再現しました。


※100Hzパルス信号 0.1Ω抵抗挿入

ストレート接続に比べると、若干ボーカルがぼやけるように感じます。
ほんの少しの信号の暴れが出ている事も、測定からわかります。

0.1Ωほどではありませんが、スピーカーケーブルを長くした場合、
ケーブルの抵抗値でダンピング・ファクターが下がる事もあります。

セパレートアンプユーザーで、パワーアンプをスピーカーのそばに設置した時に、
スピーカーケーブルを長くしたときに比べ、低域の切れが増すように感じるのは、
この少しの暴れが抑えられる事が、聴感上でも感じられている事を示しています。



今回の実験は、スタッフの勉強の為に行っていただきましたが、
いつか皆さんにもご体験頂ける機会をつくりたい・・・と思える内容でした。




▽△

2016年8月22日月曜日

今週末、8月27日(土)は、TRIODE・真空管アンプ製作講習会です。締め切りせまる。

第8回目の、TRIODE(トライオード)・真空管アンプ製作講習会を、
今週末の8月27日(土)に開催します。


機材の準備の関係もございますので、
ご予約に関しましては、8月24日(水)の営業時間内までとさせて頂きます。

制作可能なキットは、以下の3モデルとなります。


①TRK-3488KIT : 定価100,000円(税別) 出力管にEL34を採用。
※こちらのモデルは、出力管にKT88を使用したバージョンもご用意可能です。

②TRK-300KIT : 定価190,000円(税別) 出力管に300Bを採用。
※こちらのモデルは、開催日当日でもご用意可能です。

③TRK-1KIT : 定価100,000円(税別) 真空管プリアンプ

製作目安時間は、
①TRK-3488KIT : 4時間から5時間
②TRK-300KIT : 5時間から6時間
③TRK-1KIT  : 4時間
程度となります。


第8回 TRIODE・真空管アンプ製作講習会

開催日時 : 8月27日(土) 12:00~18:00
開催場所 : オーディオスクェア藤沢店 試聴室

講習会参加費 : 無料 ただし製作頂くキットのご購入が必要です。
  ※製作キットのご用意の関係で、事前申し込みをお願いします
  ※ご予約は、店頭及びお電話でお願いします。


講習会の詳細はこちら↓
http://nojima-audiosquare.blogspot.jp/2016/04/2016triode827.html

講習会に関しましては、オーディオスクェア藤沢店にお電話下さい。
TEL 0466-31-0603



過去の製作会の様子はこちらから↓
http://nojima-audiosquare.blogspot.jp/p/triode.html




▽△

2016年8月21日日曜日

Technics『SL-1200G』予約購入キャンペーンがスタートしました。

9月9日(金)から、Technicsのレコードプレーヤー『SL-1200G』の出荷がスタートします。

発売を記念して、店頭で『SL-1200G』をご予約いただいた皆様に、
オリジナル・レコードをプレゼントするキャンペーンがスタートしました。


A面には5曲が収録されています。

1. Grieg:Lyric Pieces Book Ⅲ,Op.43-1.Butterfly / Alice Sara Ott
2. 愛で君はきれいになる / 大橋トリオ
3. 赤いフィグ / 大橋トリオ
4. Mt.,Kx / moonriders (作詞・作曲:鈴木慶一)
5. Hello Mutants / Contoroversial Spark (作詞・作曲:鈴木慶一)


B面には、今では手に入りづらいテスト信号が収録されています。

1. 左右バランス / 1:35
2. 位相特性 / 1:32
3. 1kHz / 0:35
4. クロストーク / 1:10
5. 回転むら / 0:45
6. スタンディング・ウェーブ / 1:43
7. 無録音溝 / 0:45
8. 周波数特性
  ・高音域周波数特性 / 1:53
   15kHz、10kHz、9kHz、8kHz、7kHz、6kHz、5kHz、4kHz、3kHz、2kHz、1kHz
  ・低音域周波数特性 / 1:33
   1kHz、800Hz、500Hz、400Hz、300Hz、200Hz、100Hz、70Hz、50Hz
9. 特別付録 : 効果音
  1. 卓球 / 1:00
  2. ヘリコプター / 0:30
  3. レーシングカー / 0:30
  4. 蒸気機関車 / 0:30
  5. トラック / 0:30

2016年9月9日(金)の販売店営業時間中までに、
『SL-1200G』を御予約頂いた方に、商品引き渡しの際にプレゼントさせて頂きます。



※Technics SL-1200G レコードプレーヤー NEW


Technics『SL-1200G』のご紹介はこちら↓
http://nojima-audiosquare.blogspot.jp/2016/04/technicssl-1200g.html


限定モデル『SL-1200GAE』との違いはこちら↓
http://nojima-audiosquare.blogspot.jp/2016/07/technicssl-1200g.html


Technics SL-1200G ダイレクトドライブ式レコードプレーヤー NEW
定価330,000円(税別) 受注生産品 9月9日出荷開始 

回転数 : 33・1/3、45、78r/min
回転数調整範囲 : ±8%、±16%
ワウ・フラッター : 0.025% W.R.M.S(JIS C5521)
SN比 : 78dB(IEC 98A Weighted)
トーンアーム形状 : ユニバーサルS字型トーンアーム・スタティックバランス型
               ※マグネシウム製パイプ採用
オーバーハング : 15mm
適合カートリッジ質量 : 14.3g~28.5g(ヘッドシェル含む/付属ウェイト2種)
サイズ : W453mm*H173mm*D372mm
重量 : 約18kg




▽△

2016年8月20日土曜日

『Accuphase Special Month』に、人気のUSB-DAC『DC-37』が途中参戦しました。

8月は『Accuphase Special Month』を開催中です。

お盆休みも終わり、後半戦に突入。
皆さんからのご要望も多い、USB入力にも対応したD/Aコンバーター『DC-37』をご用意しました。


※Accuphase DC-37 USB入力対応D/Aコンバーター

今回は、オーディオスクェア藤沢店に常設されている、
オーディオ専用NAS、2モデルとUSBケーブルで接続してデモンストレーションを行っています。

1台は、オーディオ専用NASの定番となりました、DELAの『N1A』。


※DELA HA-N1AH20(N1A) オーディオ専用NAS

最新ファームウェアで、USB接続時にDSDファイル・11.2MHz出力にも対応しました。
また、CD/DVD/BDドライブをUSB接続する事で、
PCを介さずに、直接CDのリッピングが行えるようになりました。

DELA『N1A』のご紹介はこちら↓
http://nojima-audiosquare.blogspot.jp/2016/05/nasdela.html


もう1台は、Technicsの最新ミュージックサーバー『ST-G30』。


※Technics ST-G30(下段) ミュージックサーバー NEW

512GBのSSDを採用したオーディオ用のNASと、
リッピング用のCDドライブを一体化した製品です。

CDの読み取り時は、エラーが出た場合5回までリトライ(再読取)を行います。

Technics『ST-G30』のご紹介はこちら↓
http://nojima-audiosquare.blogspot.jp/2016/06/technicsgrand-class-g30-seriessu-g30st.html



NASによる違いの聞き比べも行えます。


『Accuphase Special Month』は8月末まで開催します。特設ページはこちらから↓

http://nojima-audiosquare.blogspot.jp/p/accuphase-special-month.html




▽△

2016年8月19日金曜日

ESOTERIC・SACD『名盤復刻シリーズ』の新譜が、9月10日(土)に発売されます。

ESOTERIC(エソテリック)のSACDソフト、
『名盤復刻シリーズ』の新譜が、9月10日(土)に発売になります。


まず1枚目は、カラヤン指揮・ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団による、
リヒャルト・シュトラウスの交響詩『ツァラトゥストラはかく語りき』作品30です。


※ESOTERIC ESSD-90149 SACDハイブリッド・ディスク NEW

録音は1959年3月。
当時のカラヤンは、ベルリン・フィルの常任指揮者(1955年)、
ウィーン国立歌劇場の芸術監督(1956年)と、
文字通りヨーロッパ・クラシック音楽界の『皇帝』と目され、1つの頂点を迎えていた時代です。
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団との蜜月の関係の中、
ステレオ録音の導入に合わせ、カラヤンは積極的な録音を行っていました。

そしてこの演奏、実は多くの方が知らず知らずのうちに、耳にした事のある演奏でもあります。
※1968年公開の、スタンリー・キューブリック監督の映画『2001年宇宙の旅』で使用

カップリングは、1960年6月録音の、
交響詩『ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら』作品28、
歌劇『サロメ』作品54より『7つのヴェールの踊り』、
交響詩『ドン・ファン』作品20となります。


もう1枚は、マウリツィオ・ポリーニによる、ベートーヴェンのピアノ・ソナタです。


※ESOTERIC ESSG-90150 SACDハイブリッド・ディスク NEW

1975年から1977年にかけて録音された、
ベートーヴェン後期ピアノ・ソナタ集からのカップリングです。

このピアノ・ソナタ集からは、2015年9月に『名盤復刻シリーズ』として、
28番と29番『ハンマークラヴィーア』(ESSG-90128)が発売されています。

昨年発売、ESSG-90128の内容はこちら↓
http://nojima-audiosquare.blogspot.jp/2015/09/esotericsacd915.html

今回収録されているのは、
第30番ホ長調、第31番変イ長調(1975年6月)、第32番ハ短調(1977年1月)の、
ベートーヴェン・後期三大ソナタの3曲です。


定価はそれぞれ、3,143円(税別)。
SACDハイブリッド仕様です。
今回も、数量限定となっておりますのでご注意下さい。


本日より、ご予約承ります。
オーディオスクェア藤沢店 TEL 0466-31-0603




▽△

2016年8月17日水曜日

お盆休み明けの『Accuphase Special Month』では、Technicsのリファレンス・スピーカー『SB-R1』を、『M-6200』と『A-36』2台でドライブ。

8月は『Accuphase Special Month』を開催中。

お盆休み中のメインスピーカーは、JBLの『S4700』でしたが、
今週はTechnics(テクニクス)の大型トールボーイ型スピーカー『SB-R1』を使用します。


なかなか聴く機会のない、Technicsの『SB-R1』。
国産メジャーブランドのスピーカーとしては、最高価格帯の製品でもあります。

『S4700』を、『JBLってこんな音で鳴るの‼』と、多くの方に衝撃を与えた、
AccuphaseのAB級モノラルパワーアンプ『M-6200』と、
BTL接続によりモノラル化した、純A級パワーアンプ『A-36』2台を使用して、
『SB-R1』をバイアンプ駆動でドライブしてみました。
もちろん、低域に『M-6200』、高域に『A-36』を使用しています。


この組み合わせ、期待以上。
Technicsの『SB-R1』が、スピーカー専業メーカーの製品と肩を並べるか、
それ以上の高性能スピーカーである事が体感できます。

特にスピーカーのS/N感は、
Bowers&Wikinsの最新800シリーズ以上では・・・と感じさせる程です。

昨年の春に、SFORZATOのネットワークプレーヤー『DSP-01』と、
アメリカのJeff Rowland DGのセパレートアンプを組み合わせた時の、
静かさを伴ったサウンドイメージが、もう一度ご体験頂けます。

http://nojima-audiosquare.blogspot.jp/2015/03/37sforzatodsp-01.html



Technics SB-R1 トールボーイ型スピーカー
定価2,696,000円(ペア/税別)

形式 : 3.5ウェイ・6スピーカー、バスレフ型
搭載スピーカー
 ・ミッドレンジ/ツィーター : 同軸16cm*1基
  ・ツィーター : 2.5cmカーボングラファイト振動板・ドーム型
  ・ミッドレンジ : 16cmカーボンクロススキン・アルミハニカムコア・平面振動板
 ・ウーハー : 16cm混抄パルプコーン・カーボンクロスラミネート振動板*4基
クロスオーバー周波数 : 300Hz、3kHz
周波数特性 : 20Hz~100kHz(-16dB)、28Hz~90kHz(-10dB)
能率 : 88dB/2.83V/1m
インピーダンス : 4Ω
サイズ : W408mm*H1260mm*D522mm
重量 : 約72kg




▽△

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています
ノジマ・オーディオスクェアは、Accuphase製品、神奈川県No.1の正規取扱い法人です。メンテナンスも含めご相談お待ちしています。

Technics復活。特設ページはこちら。8月21日更新。『SL-1200G』予約購入キャンペーンスタート。

Technics復活。特設ページはこちら。8月21日更新。『SL-1200G』予約購入キャンペーンスタート。
オーディオスクェア全店で取扱。新生Technics製品の詳細情報はこちら。オーディオスクェア藤沢店では、フルラインナップお聴きいただけます。Grand Class『G30 Serise』の展示を開始しました。