最新の更新

『ファミリータイム』の会場を回って、3つのスタンプを集めて景品をゲットしよう!7月2日(日)開催のイベント情報です。

7月2日(日)に湘南モールFILLで開催する、 Technics Presents・音楽が家族をつなげる『ファミリータイム』の、 会場3か所を回るスタンプラリーを実施します。参加無料。 『ファミリータイム』の会場のうち、 1F・グルメポート入口『サウンド・トレーラ...

2014年11月30日日曜日

毎年恒例の『アナログ祭』参加製品の紹介です。Phasemation(フェーズメーション)編。

お正月に開催する『アナログ祭』に参加する製品が徐々に決まってきました。

今日は、Phasemation(フェーズメーション)のご紹介です。


まずは、当店でも試聴機として活躍しているフォノイコライザー。

展示機の『EA-300』『EA-200』に加え、フラグシップ・モデル『EA-1000』が登場です。


※Phasemation EA-1000(左)、EA-300(中央)、EA-200(右) MM/MC対応フォノイコライザー

フラグシップである『EA-1000』は真空管式フォノイコライザー。
電源別筐体で、しかもL、R独立という贅を尽くした構成です。
もちろんフラグシップらしく、MC入力には定評のある『MC用昇圧トランス』を搭載しています。

EA-1000 定価900,000円(税別)
EA-1000の詳細はこちら↓
http://nojima-audiosquare.blogspot.jp/2014/08/phasemation-ea-1000-thorens-td309.html

EA-300 定価250,000円(税別)
EA-300の詳細はこちら↓
http://nojima-audiosquare.blogspot.jp/2014/05/phasemationea-3006.html

EA-200 定価90,000円(税別)
EA-200の詳細はこちら↓
http://nojima-audiosquare.blogspot.jp/2013/10/phasemation-ea-200.html


PhasemationからはMCカートリッジも参加します。


※Phasemation PP-1000(左)、PP-MONO(中央)、PP-300(右) MCカートリッジ

PP-1000 定価320,000円(税別)
 出力電圧 : 0.29mV
 インピーダンス : 4Ω
 針圧 : 1.7~2.0g
 自重 : 14.3g

PP-MONO モノラル専用MCカートリッジ 定価180,000円(税別)
 出力電圧 : 0.38mV
 インピーダンス : 4Ω
 針圧 : 1.7~2.0g
 自重 : 14.7g

PP-300 定価125,000円(税別)
 出力電圧 : 0.28mV
 インピーダンス : 4Ω
 針圧 : 1.7~2.0g
 自重 : 11.1g


そして、サプライズゲストに、
12月中旬に発売される、真空管プリアンプの『CA-1000』が登場です。
 

※Phasemation CA-1000 真空管プリアンプ

実はこのプリアンプ、プリアンプ本体の様に見える下の筐体が、電源部とコントロール部。
こちらからコントロール信号を、左右独立(!!)の増幅部に送り込みます(写真上の2筐体)。

音量調整は、Phasemationお得意の、
トランス式アッテネーターと抵抗切換式アッテネーターを組み合わせた、
『ハイブリッド・アッテネーター』を採用しています。
この方式は、ボリュームのインピーダンス変動がほとんど無く、
それに起因する音色の変化が少ないのが特徴です。
このアッテネーターをリレー制御で切替える事で、独立したユニットをコントロールしています。

CA-1000 真空管プリアンプ
定価2,500,000円(税別) 12月中旬発売予定

使用真空管 : ECC803(12AX7)、6922(6DJ8)、5U4G(整流管)
入力 : RCA*3系統、XLR*3系統
出力 : RCA*1系統、XLR*1系統
出力インピーダンス : 100Ω以下
サイズ
 ・コントロール部 : W434mm*H118mm*D374mm
 ・アンプ部 : W214mm*H118mm*D355mm
重量
 ・コントロール部 : 14kg
 ・アンプ部 : 7.5kg(1台)*2


この他にも、参加製品が決定次第アップさせて頂きます。


『アナログ祭』特設ページは、下のバナーをクリック↓

http://nojima-audiosquare.blogspot.jp/p/aud.html




▽△

『e-onkyo music』でハイレゾ音源が期間限定でプライス・オフ!!

久しぶりに配信サイトの『e-onkyo music』をのぞいたら、
期間限定でハイレゾ音源のプライス・オフキャンペーンをやっている事に気がつきました。


まずは、ハイレゾの黎明期から積極的に配信を行っている、人気JAZZシンガーSHANTI。
ニューアルバム『SHANTI'S LULLABY』の配信開始にあわせ、過去作品が30%OFF。


こちらの『LOTUS FLOWER』を含め旧作・5タイトルが、
12月9日(火)までの期間限定で、30%OFFで配信されています。

SHANTIのハイレゾはこちらから↓



ユニーバーサルミュージック系のJAZZもプライスダウン。

Bill Evans(ビル・エバンス)の『Waltz for Debby』や、
Sonny Rollins(ソニー・ロリンズ)の『Saxophone Colossus』、
上原ひろみの『ALIVE』など、53タイトルが対象です。


『ジャズのハイレゾ』コーナーはこちら↓
http://www.e-onkyo.com/feature/48/

2015年1月5日(月)までの期間限定です。



ユニバーサルミュージックは、洋楽のハイレゾもキャンペーン中。

Tony Bennett & LADY GAGA(トニー・ベネット&レディー・ガガ)の『CHEEK TO CHEEK』や、
Nirvana(ニルバーナ)、Maraiah Carey(マライア・キャリー)など有名アーティストの、
44タイトルが対象です。


『ユニーバーサルミュージック洋楽カタログ・プライスOFF』キャンペーンはこちら↓
http://www.e-onkyo.com/feature/51/

2015年1月13日(火)間での期間限定です。


ぜひこの機会に、ハイレゾ音源を手に入れてみましょう。



ハイレゾ音源を聴きたくなったら・・・。

オーディオスクェア藤沢店、おすすめの製品はこちら。


USB-DACの注目製品

PCオーディオ入門にはこちら。NuForce『iCON uDAC3』のご紹介
http://nojima-audiosquare.blogspot.jp/2014/05/nuforce-icon-udac3-dsd.html

ヘッドフォンアンプ搭載多機能モデル・Pionne『U-05』のご紹介
http://nojima-audiosquare.blogspot.jp/2014/08/pioneer-dsd-u-05.html

ヘッドフォンだけじゃもったいない・marantz『HD-DAC1』のご紹介
http://nojima-audiosquare.blogspot.jp/2014/10/marantzusb-dachd-dac1.html

声を聴くなら真空管。真空管バッファ搭載USB-DAC・TRIODE『TRV-DAC1.0SE』のご紹介
http://nojima-audiosquare.blogspot.jp/2014/10/usb-dactriodetrv-dac10se.html

PCサイドに置ける、小型高性能モデル・DENON『DA-300USB』のご紹介
http://nojima-audiosquare.blogspot.jp/2014/02/denonusb-dac-da-300usb.html


ネットワークプレーヤーはこちら

Pioneerの最新モデル『N-70A』のご紹介
http://nojima-audiosquare.blogspot.jp/2014/11/pioneern-70a.html

使いやすいアプリの用意された、高性能モデル・marantz『NA8005』のご紹介
http://nojima-audiosquare.blogspot.jp/2014/05/marzntzdsd-na8005.html





▽△

2014年11月29日土曜日

【中古速報】 Accuphase(アキュフェーズ)のクリーン電源 『PS-500』 の中古品が入荷しました。

当店でも好評の、Accuphase(アキュフェーズ)のクリーン電源の中古が入荷しました。

今回入荷したのは、510VAの容量を持つ『PS-500』です。

Accuphase初のクリーン電源であるのと同時に、
この種の製品の中で、Accuphaseの評価を不動のものにした製品でもあります。


※Accuphase PS-500 クリーン電源

入力された電源の歪成分と、電圧の過不足分を検出し、補正して出力する事で、
今までのクリーン電源に比べ、発熱も少なく重量も軽い製品となっています。

また、比較の為の正弦波を作り出すための発振器や、
スイッチング回路を搭載していない為、
製品自身から高周波幅射ノイズを発生させる心配もありません。


容量の510VAは、プリメインアンプとCDプレーヤーを接続するのに丁度良い容量。
また、『P-4200』や『A-36』等のパワーアンプと、プリアンプ、CDプレーヤーの接続も可能です。
※A-70の様な、電源投入時のアイドリング電流が大きい大出力のA級アンプは接続できません。


Accuphase PS-500 クリーン電源
旧定価300,000円(税別) → 中古販売価格168,000円(税込)

完売しました。


定格出力容量 : 510VA(連続出力)
定格出力電圧 : AC100V±2V
定格出力電流 : 5A
出力周波数 : 50/60Hz(入力周波数に同期)
瞬時電流供給能力 : 70A
出力波形全高調波ひずみ率 : 0.3%以下
無負荷時消費電力 : 55W
冷却方式 : 自然空冷
出力コンセント : 3P*2口、2P*3口
サイズ : W475mm*H180mm*D378.5mm
重量 : 21.8kg

取説、電源ケーブルあり。元箱なし・代替箱あり。


2014年11月末、AccuphaseにてOH済みです。


キズ等に関しましては下の写真でご確認ください。


※右側面キズ


※左側面上部キズ


※右側面キズ


※左側面上部キズ

電源でもAccuphaseらしいと言いますか、
これに接続すると、高解像度サウンドになるのが面白いところ。

『電源からヒズミが無くなる事』の優位さを感じさせる製品です。




▽△

2014年11月28日金曜日

2015年1月1日から5日まで、お正月恒例の『アナログ祭』を開催いたします。


お正月に、オープン以来続けております『アナログ祭』を開催する事になりました。

もともとは、オーディオスクェア・スタッフの中で、
レコードに触れる機会が少ない者の勉強の為・・・と始めたのですが、
初めての時から、多くのお客様に喜んでいただき、今に至ります。

憧れの高級機から、手頃な価格の実力機まで、
その時その時、スタッフが聞いてみたい、触ってみたいという製品を、
ご用意させて頂いてまいりました。

今年も、魅力的な製品を用意すべく、各方面と交渉中です。

まずは、『アナログ祭』特設ページをご用意しました。
2014年お正月と、2014年夏に初めて開催した『夏のアナログ祭』の様子を、
まずはまとめさせて頂きましたので、ご覧ください。

参加製品で確定した物から順に、特設ページにもアップさせて頂きます。


『アナログ祭』特設ページは、下のバナーをクリック↓

http://nojima-audiosquare.blogspot.jp/p/aud.html

『アナログ祭』特設ページ





▽△

2014年11月27日木曜日

KIMBER KABLE(キンバー・ケーブル)のOUTLET情報です。

KIMBER KABLE(キンバー・ケーブル)の高性能スピーカーケーブルのOUTLET品が入荷しました。


※KIMBER KABLE BiFocal-XL/2.5m/Yラグ/シングル・バイワイヤリング仕様

今回ご用意したのは、
KIMBER KABLEのレギュラーラインの最上位モデル『BiFocal-XL』です。

こちらの製品は、シングル・バイワイヤー専用設計のモデルです。




※BiFocalの構造

2重構造になっており、
真ん中に、高域用12本の『VariStrand導体』を、
KIMBERお得意の『ブレイド構造』で編込んでいます。
その外側には、制振と静電気予防の織糸を挟んで、
低域用の24本の『VariStrand導体』が、これもまた『ブレイド構造』で編込まれています。

『VariStrand導体』は、径の異なる数種類の導体を編込んだものです。
これにより、よりしっかりと導体を撚る事が出来るのと同時に、
導体の径に由来する共振を分散させることで、より歪の少ない伝送を狙っています。

絶縁体も用途、場所にあわせ、テフロン、二酸化チタン配合などを複数使用しています。

複雑な構造と、振動対策などにより、ケーブルの直系は31mmと大変太くなっています。


今回ご用意したものは、
WBT社製のYラグ『WBT-0681Cu』を両端に使用した、
シングル・バイワイヤー仕様となっております。


※WBT-0681Cuを使用した端末部

このWBT社製Yラグは、先端部がバネの様な構造となっています。
SP端子で挟み込んだ際に、上部の銀色のYラグが、
その下の純銅製のYラグを端子に押さえつける様になっており、
より確実にSP端子へ接続されるようになっています。


KIMBER KABLE(キンバー・ケーブル) BiFoval-XL/2.5m/Yラグ/シングル・バイワイヤリング仕様
定価488,000円(ペア/税別) OUTLET販売価格263,520円(税込) 50%OFF

KIMBER KABLEのOUTLET品は完売しました。

長さ : 2.5m
端子 : 両端Yラグ・WBT-0681Cu使用


メーカーデモ機という事ですが、ほぼ新品といってよいかと思います。

透明感あふれる空間表現と、個々の楽器の明確さ。
キレが有りながらも、音やせしない低域が魅力のスピーカーケーブルです。


1セット限りとなっております。

お電話でもご注文承ります。
オーディオスクェア藤沢店 TEL 0466-31-0603





▽△

2014年11月26日水曜日

【キャンペーン】 Bowers&Wilkins(B&W) 『800シリーズ・audioquest社製スピーカーケーブル・プレゼントキャンペーン』開催中。

当店でもリファレンスとして使用している、
イギリスのBowers&Wilkins(B&W)『800シリーズ』をご購入のお客様に、
audioquest社製のスピーカーケーブルをプレゼントするキャンペーンが開催中です。


キャンペーン期間は、2014年11月21日(金)~2015年1月20日(火)まで。
応募資格は、対象となる『800シリーズ』を、期間内にご成約のお客様。
応募締切りは、2015年2月27日消印までとなっております。


今回の対象製品は、『800シリーズ』の内、
『800 Series Diamond』『802 Series Diamond』『804 Series Diamond』の3モデルです。

キャンペーンでプレゼントされるaudioquest社製のスピーカーケーブルは、それぞれ、
『800SD』には『ASPEN/3m』(定価300,000円)
『802SD』には『CastleRock/3m』(定価212,500円)
『804SD』には『Rocket 44.2/3m』(定価56,000円)
となっています。

また、プレゼントされるケーブルの端末はYラグ。
シングル・バイワイヤリング仕様となります。



それでは、それぞれのケーブルのご紹介です。

『ASPEN』は、audioquest社の最上位シリーズ『Double Counter Spiralシリーズ』のモデルです。
導体には高純度銅単線の『PSC+』を6本と『PSC』を10本の計16本を使用。


プラス導体4本の外側にマイナス導体4本を配置した物を2組パンドルした構造です。

『CastaleRock』は、audioquest社の中核シリーズ『FlatRockシリーズ』のモデル。
低域用4本と高域用4本を、それぞれスタッカード構造にしパンドルした製品です。
導体には同社の銅製導体の最高グレード『PSC+』を8本使用しています。

この2つのモデルには、『72VDBSシステム』が搭載されており、
絶縁体の影響を無くす為の対策がされています。

『Rocket44.2』は『FlatRockシリーズ』の魅力を、より手ごろな価格で提案している、
『Rocketシリーズ』の中核モデルです。
導体は『PSC+』と『PSC』を計8本使用しています。
『DBS』は非搭載ですが、audioquestの魅力を知って頂くのに最適な製品です。


ご存知の方も多いと思いますが、
audioquest社のケーブルは、B&Wの音質検討用に使用されている事でも有名です。


こちらのキャンペーンは、
『キャンペーン告知POPのある店舗限定』
となっておりますのでご注意ください。

まずは、ぜひオーディオスクェア各店でB&W『800シリーズ』の実力をお確かめ下さい。


オーディオスクェア藤沢店では、対象製品の内、
『802SD』と『804SD』のデモ機をご用意させて頂いております。




▽△

【キャンペーン】SENNHEISER(ゼンハイザー)より、キャッシュバックキャンペーンのお知らせ

幅広いユーザー層に支持され当店でもトップクラスの人気を誇る、
SENNHEISER(ゼンハイザー)よりキャッシュバックキャンペーンのお知らせです。

期間中に対象商品をお求めの方は、5,000円もしくは10,000円が
メーカーよりキャッシュバックされます。
(モデルにより金額は異なります)

対象モデルはこちら
↓↓↓

【5,000円キャッシュバック対象モデル】


※SENNHEISER(ゼンハイザー) HD650 ヘッドホン
展示機あります!!


【10,000円キャッシュバック対象モデル】


※SENNHEISER(ゼンハイザー) IE800 カナル型イヤホン
展示機あります!!





※SENNHEISER(ゼンハイザー) HD800 ヘッドホン





※SENNHEISER(ゼンハイザー) HD700 ヘッドホン
展示機あります!!





※SENNHEISER(ゼンハイザー) HDVD800 USB/デジタル入力対応ヘッドホンアンプ





※SENNHEISER(ゼンハイザー) HDVA600 アナログ入力専用ヘッドホンアンプ




なお、キャンペーン期間につきましては 

ご購入は 2015年1月12日 まで、
応募は 2015年2月13日 消印有効 となります
※期間の記載が間違っておりました。お詫びして訂正致します。

人気のハイクラスヘッドホンをお得にお求め頂ける大チャンスです!
お見逃しの無い様ご利用くださいませ。


また、店頭販売分のみの対応となりますので、
ご希望のお客様はオーディオスクエア各店までお問い合わせくださいませ。



○○




2014年11月23日日曜日

【中古速報】 DENON(デノン)の最上位SACDプレーヤー『DCD-SX』の中古が入荷しました。

DENON(デノン)の最上位SACDプレーヤー『DCD-SX』の中古が入荷しました。


※DENON(デノン) DCD-SX SACDプレーヤー

前作『DCD-SA1』から大幅にグレードアップ。

メカを新たに設計し、鋳鉄製のベースにマウントしています。
ディスクを抑えるスタビライザーは、ステンレスと真鍮のハイブリッドタイプ。
新設計メカの能力を十分に発揮させるため、周到な制振対策を施しています。

D/AコンバーターはL/R独立。さらに独立基板です。
その為、背面を見ると、L/Rの出力が上下になっています。
またD/Aコンバーターに入力される時点から出力に至るまで、
フルバランス構成のため、XLR出力も装備されています。


※DCD-SX 背面

CDの再生時は、お得意の『ALPHA Processing』を使用します。
『ALPHA Processing』は、さらに進化した、
最新型の『Advanced AL32 Processing』を搭載しています。
最新型では、CDの16bitデータを32bitに変換。
44.1kHzのサンプリング周波数も、16倍にアップサンプリング処理を行います。


デジタル回路で重要なクロックは、温度変化を圧縮する恒温槽を装備した高級品を使用。
もちろんクロック専用電源を確保し、他からの干渉も排除しています。

電源もデジタル系とアナログ系を分けて、2基の電源トランスを搭載。
トランスの振動を遮断する為、砂型鋳物のトランスケースに封印。
さらに砂型鋳物のベースに設置する事で、振動の遮断を徹底しています。

これらを支えるシャーシは4層構造。
鋳鉄製のインシュレーター使用など、徹底した高剛性シャーシを採用しています。


最新モデル『DCD-SX1』と比べると、解像度感は若干甘めですが、
重心の低い、スケール感ある表現は、まだまだ魅力的です。
音の透明感よりも、密度感を重視する方におすすめです。


DENON(デノン) DCD-SX SACDプレーヤー
定価800,000円(税別) 中古販売価格398,000円(税込)

アナログ出力 : RCA*1系統、XLR*1系統
デジタル出力 : 同軸*1系統、光*1系統、DENON LINK 3rd*1系統
デジタル入力 : 同軸*1系統、光*1系統 ※192kHz/24bit対応
サイズ : W457mm*H150mm*D416mm
重量 : 26.4kg

リモコン、電源ケーブルあり。
元箱なし、取説コピー。

中古のDCD-SXは完売しました。

フロントパネル下部に小さなキズがあります。




デジタル入力は192kHz/24bit入力に対応していますので、
USB→同軸等のD/Dコンバーターをご用意していただければ、
PCオーディオも十分に楽しめます。

D/Aコンバーター以降、全段フルバランス構成です。
プリメインアンプ『PMA-SX』と組み合わせれば、
スピーカー出力の直前までフルバランス伝送が可能になります。


お買い得な『PMA-SX』のメーカーデモ機処分品はこちら↓
http://nojima-audiosquare.blogspot.jp/2014/10/denonpma-sx.html


お電話でのご注文承ります。
オーディオスクェア藤沢店 TEL 0466-31-0603




▽△

12月13日(土)に、KRYNA(クライナ)のオーディオ・アクセサリー試聴会・第4回を開催します。今回はルームチューニングのお話。

第1回は、アンプやプレーヤーンの下にひく、オーディオボードとインシュレーター。
第2回は、スピーカースタンドとインシュレーターと、機器のセッティング。
第3回は、ケーブルの交換と進めてきました。


第1回の内容はこちら↓
http://nojima-audiosquare.blogspot.jp/2014/04/517kryna1.html

第2回の内容はこちら↓
http://nojima-audiosquare.blogspot.jp/2014/06/719kryna2.html

第3回の内容はこちら↓
http://nojima-audiosquare.blogspot.jp/2014/08/96kryna3.html



そして、第4回になる今回は『ルームチューニング』を行います。

今回は、KRYNAの『AztecaTower』を1本づつ足して行きながら、
その効果と、ルームチューニングの重要性を確認していきます。

※KRYNA(クライナ)のルームチューニンググッズ
Watayuki(左上)、Azteca(左下)、AztecaTower(右)

KRYNA・『AztecaTower』の紹介ブログはこちらから↓
http://nojima-audiosquare.blogspot.jp/2013/08/azutecatower.html


『AztecaTower』は、オーディオスクェア10周年記念イベントの、
新製品のデモンストレーションを行ったBルームでも大活躍。


ただの会議室を、試聴用スペースへと変えてくれました。


試聴会では、もちろん前回までに使用した、
ボード、スタンド、そしてケーブルも使用いたします。

試聴会は12月13日(土)。
開催時間は、14時~16時を予定しています。

《使用予定機器》
プリメインアンプ : LUXMAN L507uX
SACDプレーヤー : LUXMAN D-06
スピーカー : FOSTEX G-1300MG


試聴会のお席のご予約はこちらから↓
https://docs.google.com/forms/d/17URyLFKQQ-N9rRjCK_Sy6RkW6sBqSDsdABUKgWA8YPs/viewform


お電話による、お席のご予約も承ります。
オーディオスクェア藤沢店 TEL 0466-31-0603



▽△

2014年11月22日土曜日

松田聖子の初期6作品のSACD、第3弾『ユートピア』&『SUPREME』のご予約を承っております。

3回に分けて発売される、
松田聖子の初期作品からの6作のSACDも、最終となりました。

今回の2枚は・・・。

1983年発売の7thアルバム『ユートピア』(SSMS005)と、


※松田聖子 『ユートピア』 SACD SSMS005

1986年発売の13thアルバム『SUPREME』(SSMS006)。


※松田聖子 『SUPREME』 SACD SSMS006

こちらの2枚のご予約を承っております。

『ユートピア』は第25回日本レコード大賞において、最優秀アルバム賞を受賞。
『秘密の花園』『天国のキッス』2曲のヒットシングルが、収録されています。
杉真理、来生たかお、財津和夫、細野晴臣、甲斐祥弘、呉田軽穂(松任谷由美)、上田知華と、
錚々たるメロディーメーカーの名が並びます。
また、この『ユートピア』が松田聖子初のデジタルレコーディングによるアルバムとなります。
今回は、そこからトラックダウンされた、
76cm/秒のアナログ・オリジナル・マスターテープからDSD化されています。


『SUPREME』は第28回日本レコード大賞において、こちらも最優秀アルバム賞を受賞。
シングル曲が1曲も入っていない『オリジナル・アルバム』でもあります。
『瑠璃色の地球』収録。また自身が作曲した『時間旅行』も収録されています。


発売は11月28日(金)予定。

定価は、それぞれ3,500円(税別)、3,780円(税込)となっております。
デジパックジャケット仕様。嶋護氏による解説書付き。


限定生産品。
一般CD販売店には並ばない製品です。

ご注文承り中です。
オーディオスクェア藤沢店 TEL 0466-31-0603




▽△

最終入荷分をお買い得特価で!! DALI(ダリ)の『MENTOR 6』が台数限定特価。

今月、新型モデル『RUBICON(ルビコン)シリーズ』が、
日本でも発売開始されたデンマークのスピーカーメーカー『DALI(ダリ)』。

『RUBICON』の1つ前の製品となった『MENTOR(メントール)シリーズ』の、
中核トールボーイ型スピーカー『MENTOR 6』の最終入荷分をご用意させて頂きました。


※DALI(ダリ) MENTOR 6

日本では、トールボーイ型の『MENTOR 6』とブックシェルフ型の『MENTOR 2』と、
途中から追加された『MENTOR MENUET』の3機種だけの展開でしたが、
実際には、20cmウーハーを2基搭載したトールボーイ型の『MENTOR 8』、
13cmウーハーを2基搭載したトールボーイ型の『MENTOR 5』、
13cmウーハー搭載のブックシェルフ型『MENTOR 1』、
センター用スピーカーや、サラウンドでの使用を考えた『LCR』など、
計8モデルとサブウーハーを擁するシリーズでした。

各モデル用に、サイズの異なるウーハーを用意するのに時間かかり、
フルラインナップがそろうのに、少々時間がかかってしましました。
この辺りは、DALIにとっても痛手だったようで、
それ以後の新しいシリーズは、発売とほぼ同時に、
ほとんどのラインナップを展開するようになっています。

日本では、最初からフルラインナップ展開された『IKON(アイコン)MK2シリーズ』との関係もあり、
最初期の2モデルの展開のみとなっていました。

『MENTORシリーズ』登場のころは、
ヨーロッパや日本など15ヶ国強の展開でしたが、
これ以後『IKON MK2シリーズ』と共に、
60ヶ国以上へ展開される原動力となったシリーズでも有ります。


『MENTOR 6』は、先日『RUBICONシリーズ』の内覧会でも聴かせて頂きましたが、
大変バランスの良い、オールジャンル対応のモデルです。
上位モデルの『HELICON(ヘリコン)シリーズ』に比べると、
低域のリズムのキレが良いのが魅力です。

D&M本社での『RUBICONシリーズ』内覧会の様子はこちら↓
http://nojima-audiosquare.blogspot.jp/2014/11/11dalirubicond.html

定位感は最新モデルに一歩譲りますが、
ボーカル帯域の充実は十分に対抗できるかと思います。

もちろん仕上げのクオリティを含め、
弟モデル『IKON MK2シリーズ』と比べ確実に1ランク以上上の製品です。


今回、最終入荷分を特別価格でご提供させて頂きます。

DALI(ダリ) MENTOR 6 トールボーイ型スピーカー
定価440,000円(ペア/税別) 台数限定特価261,360円(ペア/税込) 45%OFF

構成 : 2 1/2+1/2way
周波数特性 : 36Hz~34kHz(±3dB)
クロスオーバー : 800/3,000/12,000Hz
能率 : 89.5dB(2.83V/1m)
インピーダンス : 6Ω
ユニット
 ・ツィーター : 28mmソフトドーム*1、17*45mmリボン*1
 ・ウーハー : 165mm*2
サイズ : W290mm*H1,030mm*D390mm
重量 : 22.5kg


完売しました。


また『MENTORシリーズ』は、上位の『EPICON(エピコン)』『HELICON』と同じく、
デンマークのDALI本社にてエンクロージャーの製造&アセンブリーされています。

ステレオ使用で『IKON 7 MK2』や『ICON 6 MK2』をお考えであれば、
同等か少々の予算アップで、視野に入ってくるのでは?


お電話でご注文承ります。
オーディオスクェア藤沢店 TEL 0466-31-0603

在庫僅少につき、まずはご連絡ください。




▽△

2014年11月21日金曜日

明日、11月22日(土)は、『SPEC(スペック)秋の新製品試聴会』を開催いたします。

明日は、10周年記念イベント後初の試聴会です。

今回は『SPEC(スペック)』の新製品が集合。

ドイツ・ミュンヘンのオーディオショウで、
『最も音の良いブース』に選ばれるなど、世界で注目されているブランドです。


『音展 2014』で正式発表されたばかりの、弩級レコードプレーヤー『GMP-70』や、


同社初のSACDプレーヤー『RMP-888CD』もご用意。


その他、SPECが新規に輸入を開始した、
フィンランドのスピーカーメーカー『Amphion(アンフィオン)』や、
フラグシップモデルの『RSA-F11』などもご用意させて頂きます。


試聴会の内容はこちら↓
http://nojima-audiosquare.blogspot.jp/2014/11/1122spec.html


試聴会のご予約はこちらから↓
https://docs.google.com/forms/d/1Ks7uW3qSxEX8OaB2gVeCBObxNqpxhq5wfun8n1iW63Q/viewform


SPEC 秋の新製品試聴会

開催日 : 11月22日(土)
開催時間 : 14:00~16:00 ※約2時間を予定しております。
開催場所 : オーディオスクェア藤沢店 試聴室

<使用機材>
SPEC
RSA-F11 : 新型フラグシップ・プリメインアンプ
RMP-888CD : 同社初のSACDプレーヤー
GMP-70 : 弩級レコードプレーヤー
Amphion(アンフィオン)
Argon 3 : フィンランドのスピーカーメーカー


お電話でもお席のご予約承ります。
オーディオスクェア藤沢店
TEL 0466-31-0603




▽△

DENON(デノン)のレコードプレーヤー『DP-1300MK2』の開封品特価をご用意しました。

9月に引き続き、
DENON(デノン)のレコードプレーヤー『DP-1300MK2』のOUTLET品をご用意しました。


※DENON DP-1300MK2 ダイレクトドライブ式レコードプレーヤー

当社の試聴会で1度開梱、使用した物です。
もちろん、メーカー保証付き、付属品完備です。


DENON(デノン) DP-1300MK2 レコードプレーヤー
新定価200,000円(税別) → 開封品特別価格119,800円(税込)
      ※11月1日より価格改定されております。

駆動方式 : クォーツサーボ式ダイレクトドライブ
回転数 : 33・1/3、45rpm
ターンテーブル : 331mm / アルミダイキャスト製・振動吸収ラバーによる防振処理
アーム : スタティックバランス
有効長 : 244mm
オーバーハング : 14mm
アーム高さ調整範囲 : 約6mm
適合カートリッジ質量 : 14.0~20.0g / ヘッドシェル含む
付属ヘッドシェル質量 : 9.0g
サイズ : W490mm*H178mm*D400mm
       (ダストカバーを開いた時:W490mm*H474mm*D456mm)
重量 : 14.5kg

別売オプションウェイト : ACD-45-N(20~28g用、26~37g用の2個セット)定価8,000円(税別)



上記の主な仕様を見て、詳しい方はすぐに分かるかと思いますが、
めずらしい10インチアームが取り付けられています。
(弟モデルのDP-500Mは、標準的な9インチ・通称ショートアームが搭載されています)。
アームのベース部を回すことで、簡単にアームの高さ調整が可能です。

このアームの長さは、
軽針圧のMMカートリッジや、ハイコンプライアンスのMCカートリッジから、
DENONの『DL-103』やortofonの『SPUシリーズ』の様な、
ローコンプライアンスのMCカートリッジまで、
幅広く対応してくれる、アナログファンにはうれしい仕様です。
オプションウェイトの『ACD-45』を使用すれば、
『DL-103』と重量級ヘッドシェルの組み合わせだけでなく、
ortofonの『SPUシリーズ』も楽しむ事が出来ます。


アームの内部配線には高純度の6N-OFCを使用。
さすがレコードプレーヤーを作りなれているメーカーらしい配慮です。

キャビネットは天然突き板仕上げ。
側面は無垢材を使用することで、振動のコントロールも行っています。


出力ケーブルは取替え可能。
RCA端子を使用しているので、交換も容易です。
アームの内部配線のクオリティの高さを活かすなら、ぜひここは、
ortofonの『6NX-TSW1010R』の様なフォノ・ケーブルに交換して頂きたいと思います。


今回も限定1台ですので、お早めにお声掛けください。

完売しました。


オーディオスクェア藤沢店 TEL 0466-31-0603



▽△

2014年11月20日木曜日

【展示機導入】 Pioneer(パイオニア)の新型ネットワークプレーヤー『N-70A』展示開始しました。

お待たせしました。
本日、Pioneer(パイオニア)の新型ネットワークプレーヤー『N-70A』の出荷がスタートしました。


さっそく展示。


※Pioneer(パイオニア) N-70A ネットワークプレーヤー


ネットワークプレーヤーを一般化した『N-50』を大幅にグレードアップした製品です。



展示前じゃないと、なかなか見る事が出来ないので、ひっくり返してみました。
黒色塗装された分厚いリジッドアンダーベースと、
3点支持の真鍮製インシュレーターが現れます。

その上のシャーシは、
デジタル系電源部、デジタル回路部、アナログ回路部をセパレートしています。


※Pioneer N-70A 内部構造&D/Aコンバーター部

現行Pioneer製品の最上位ラインの『70シリーズ』ですので、
サイドパネル、トップパネルが分割された、強固なシャーシ構造です。

デジタル系、アナログ系それぞれに独立した電源トランスを搭載。
サイズ的には、USB-DAC『U-05』の電源トランスが2基入っているのに近いと思われます。

USB-DAC『U-05』に関してはこちら↓
http://nojima-audiosquare.blogspot.jp/2014/08/pioneer-dsd-u-05.html


D/Aコンバーター部は『U-05』をベースにしています。
もちろん、ESS社製の8回路搭載DACチップ『ES9016S』を左右独立で2基搭載。
フルバランス構成ですので、バランス出力を積極的に使用するのも良いでしょう。

『N-70A』先行試聴のブログはこちら↓
http://nojima-audiosquare.blogspot.jp/2014/11/11pionnern-70a.html


あらためて製品版を操作してみて、
検索スピード等が大幅にアップしている事を確認しました。
DSD系のファイル再生にも対応。
USB-DACとしても使用可能ですし、背面のUSB-A端子にHDDを接続し、
直接ファイル再生もできる点も魅力です。
(DSD対応のNASが無くても、PCレスでファイル再生が可能です)


Pioneer(パイオニア) N-70A USB-DAC機能搭載ネットワークプレーヤー
定価142,000円(税別)

ネットワーク : DLNA1.5準拠
対応ファイル
 ・DSD(DIFF、DSF) : 2.8MHz、5.6MHz
 ・PCM
  ・FLAC、WAV、AIFF : 192kHz/24bit
  ・ALAC : 96kHz/24bit
  ・MP3、WMA、ACC : 最大48kHz/16bit
デジタル入力
 ・光、同軸*各1系統 : 192kHz/24bit対応
 ・USB-B端子*1系統 : DSD(2.8MHz、5.6MHz)、PCM(192kHz/24bit)
 ・USB-A端子*2系統 : iPod、iPhone対応
デジタル出力
 ・光、同軸*各1系統
アナログ出力
 ・RCA端子*1系統
 ・XLR端子*1系統
サイズ : W435mm*H121mm*D339mm
重量 : 12.5kg

初回分、若干在庫ございます。

オーディオスクェア藤沢店
TEL 0466-31-0603


高解像度且つ、安定感のあるサウンドは、このクラスのリファレンスとなるでしょう。
また、より上位モデルを製造しているブランドにとっても、
驚異となるであろうハイ・コストパフォーマンスモデルです。




▽△

【期間限定デモ】 今週末は、Bowers&Wilkins(B&W)の『683S2』がお聴きになれます。

Bowers&Wilkinsのエントリーシリーズ『680S2シリーズ』の中で、
最大サイズモデル『683S2』を、今週末限定ですがお聴きになれます。


※Bowers&Wilkins 683S2 BK

上位モデル『CM S2シリーズ』にも搭載されている、
アルミニウム製ダブルドーム振動板を採用。
ツィーターユニットも、ウーハー等からの振動を遮断する為に、
エンクロージャーからフローティングされています。
もちろん、ノーチラス・チューブも採用されています。

『683S2』のミッドレンジは、最上モデル『800シリーズ』でも有名な、
エッジレスの『FSTドライバー』を採用しています。

165mm径のアルミ・コーンを採用したウーハーを2基搭載。スケール感も十分です。


Bowers&Wilkins 683S2 トールボーイ型スピーカー
定価280,000円(ペア/税別)

形式 : 3ウェイ・4スピーカー・バスレフ型
ユニット構成 
 ・ツィーター : 25mmダブルドーム・アルミツィーター
           ノーチラス・チューブ付 / デカップリング構造
 ・ミッドレンジ : 150mmエッジレス『FST』ミッドレンジ
 ・ウーハー : 165mmアルミ・コーン型*2基
周波数特性 : 30Hz~50kHz(-6dB)
周波数レスポンス : 52Hz~22kHz(±3dB/基準軸上)
インピーダンス : 8Ω(最低3.0Ω)
能率 : 89dB(2.83V/1m)
クロスオーバー周波数 : 400Hz、4kHz
サイズ : W190mm*H985mm*D364mm(グリル、SPターミナル含む/専用ベース抜き)
重量 : 27.2kg(1本)

仕上げ : ブラックアッシュ / ホワイト




▽△

2014年11月19日水曜日

【展示機導入】 DALI(ダリ)の新型スピーカー『RUBICON 6』の展示を開始しました。

10周年のイベントでも好評だった、
デンマーク・DALI(ダリ)の新型スピーカー『RUBICON(ルビコン)シリーズ』。

その中でも、日本のリビングで使いやすいサイズの『RUBICON 6』の展示を開始しました。


※DALI RUBICON6 ピアノ・ブラック仕上げ

今回ご用意したのは、日本に導入された3色の中からピアノ・ブラック仕上げ。


東京インターナショナル・オーディオショウでの発表の様子はこちら↓
http://nojima-audiosquare.blogspot.jp/2014/09/tias-2014-dalirubicon.html


『RUBICON』は、
実質最上位モデルである『EPICON(エピコン)シリーズ』直系の弟シリーズ。

DALIお得意のハイブリッド・ツィーターのベースは、
『EPICON』と同じ、アルミダイキャスト製を使用。

ウーハーも『EPICON』で採用された、SMCと呼ばれる素材を採用しました。
SMCは砂鉄に絶縁体をコーティングをしたもの。
『RUBICON』では、ポールピースにSMCを採用しました。
SMCを使用したポールピースは、電気は通さない為、
ボイスコイル周辺の渦電流を大幅に抑える事が可能に。
その為、コーン紙の動きがスムーズになり、歪を抑える事が出来たのです。

コーン紙やボイスコイル等も『EPICON』シリーズの技術を継承しています。


その他、『RUBICON』の特徴はこちらから。
D&M本社での『RUBICON』先行試聴の様子はこちら↓
http://nojima-audiosquare.blogspot.jp/2014/11/11dalirubicond.html


RUBICON 6
定価560,000円(ペア/税別)
構成 : 2 1/2+1/2way
クロスオーバー : 800/2,600/14,000Hz
能率 : 88.5dB(2.83V/1m)
インピーダンス : 4Ω
ユニット
 ・ツィーター : 29mmソフトドーム*1、17*45mmリボン*1
 ・ウーハー : 165mm*2
サイズ : W200mm*H990mm*D380mm
重量 : 20.2kg




▽△

12月6日(土)に、LUXMAN(ラックスマン)の試聴会を開催します。

10周年イベントの興奮も冷めやらぬ中、早くも次の試聴会のお知らせです。

LUXMAN(ラックスマン)の新型セパレートアンプ、C-700u&M-700uが登場です!



※ LUXMAN(ラックスマン) C-700u プリアンプ

※ LUXMAN(ラックスマン) M-700u パワーアンプ


どちらも、新しいフラッグシップ・900シリーズの思想を色濃く受け継ぎ、ミドルレンジながら充実の内容を誇ります。

今回は、プレーヤーにD-06uを使います

※ LUXMAN(ラックスマン) D-06u SACDプレーヤー

こちらも、新しいフラッグシップ・D-08uを受け継いだ、国産プレーヤーの代表格と言っていいのではないでしょうか。



これらの製品は、従来のラックスマンユーザーの方にもぜひ一度聴いて頂きたい、
かなり素晴らしい仕上がりになっております。



長い伝統が産んだ、珠玉の新世代のサウンドをぜひお確かめください!


お席のご予約はこちらから↓


お電話でも、お席のご予約承ります。
オーディオスクェア藤沢店
TEL 0466-31-0603




○○

10周年記念イベントの報告です。



11月15日(土)、16日(日)に開催いたしました、
オーディオスクェア10周年記念イベントには、多くの方にご来場いただきました。

スタッフ一同より、心から感謝しております。


それでは、イベントの様子を簡単ですがご紹介させて頂きます。

まずは、湘南モールFill・2階コミュニティ・ホールを使用した、第一会場より。

ヘッドフォン、USB-DAC内蔵ヘッドフォンアンプなどを中心に、
ハイレゾ関連商品を集めたAルーム。

McIntoshのヘッドフォンアンプ&ヘッドフォンも登場。
ONKYO、SONY、TEACの新型ポータブルヘッドフォンアンプの試聴も出来ました。


こちらでは、15日(土)14:30から、
井筒香奈江さんの『SPECIAL LIVE』を開催させて頂きました。



『LaidbacK(レイドバック)』のメンバー、
ピアノの藤澤由二さん、ベースの小川浩史さんも集合して下さいました。

PAで使用しているスピーカーは、イタリアの『RCF』です。


Aルームと続き部屋の様にしてBルームがあります。

こちらは新製品を中心に、2日間で合計13回のデモンストレーションを行いました。

Bルームのルームチューニングは、KRYNAが担当。
ただの会議室が、試聴ルームに変身です。


こちらは1日目。3回目のデモの様子。
FOSTEXの新製品『GR160』と、
LUXMANが新規に取り扱いを開始したMISSIONの『MX-2』のデモ。
DENONの『PMA-390RE』と『DCD-755RE』というエントリーシステムですが、
価格を聞いた皆さんが、驚くような良い音で鳴っていました。


こちらは2日目。通算9回目のデモの様子。
TANNOY『STIRLING/GR』と、LUXMANの新型レコードプレーヤー『PD-171A』。
TRIODEの20周年記念モデル『VP20 Anniversary』の組み合わせ。
フォノイコはPhasemation『EA-300』を使用しました。
70年代、80年代の日本のポピュラーミュージックを中心に、LPでのデモです。

TRIODEの真空管アンプ『VP20 Anniversary』は、
12月1日発売。120台限定。定価は200,000円(税別)となる事が、正式発表されました。


一番奥Cルームは『ATMOSシアター体験ルーム』。


やぐらを建てて、5.1.2chでのデモを行いました。
こちらは開始前の様子。


イベント中は、100インチスクリーンを使用してのデモを中心に行いました。
スピーカーはB&Wの新型『CM S2シリーズ』。

トップのスピーカーもB&Wのシーリング型を使用しています。


第2会場。
オーディオスクェア藤沢店試聴室では、オーディオスクェア5店舗主催の試聴イベントと、
Audio&Visual評論家・小原由夫先生の講演試聴会を開催しました。


こちらは1日目。幕張店主催の『注目の新素材PC-Triple C 徹底比較』の様子。
皆さん真剣です。


2日目の16日(日)13:00からは、小原先生の講演会を開催。
『よみがえるグルーヴ・フュージョン/AOR フューチャリング、ジェフ・ポーカロをアナログで楽しむ』。


楽しい、音楽の時間です。



店舗主催のイベントの最後は、藤沢店。『からだで感じる音楽』。
最新の大型スピーカーFOCALの『SCARA Utopia』を、
McIntoshの真空管セパレートアンプ『C22』&『MC75』で鳴らしました。
レコードプレーヤーはKRONOSSの受注発注製品『PRO』を使用。
フォノイコはPhasematinonの『EA-1000』を使用。
『真空管にこだわる』と言う、裏テーマもありました。


こちらのDルームでは、LUXMAN、DENON&Dali、TRIODE、Accuphaseの、
新型モデルを中心とした試聴会も開催させて頂きました。


初めての大規模イベントで、至らない事も多かったかとは思いますが、
これからも、皆様のそばにあるオーディオ店として、色々な事を発信していきたいと思います。


これからもよろしくお願いします。



オーディオスクェア10周年記念イベント特設ページは、こちらのバナーをクリック↓

http://nojima-audiosquare.blogspot.jp/p/10.html





▽△

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています
ノジマ・オーディオスクェアは、Accuphase製品、神奈川県No.1の正規取扱い法人です。メンテナンスも含めご相談お待ちしています。