最新の更新

『ファミリータイム』の会場を回って、3つのスタンプを集めて景品をゲットしよう!7月2日(日)開催のイベント情報です。

7月2日(日)に湘南モールFILLで開催する、 Technics Presents・音楽が家族をつなげる『ファミリータイム』の、 会場3か所を回るスタンプラリーを実施します。参加無料。 『ファミリータイム』の会場のうち、 1F・グルメポート入口『サウンド・トレーラ...

2017年6月25日日曜日

ortofonから、新しいフォノイコライザー『EQA-444』が発売になりました。

ortofonから、コンパクトなサイズで、
MM/MC両カートリッジに対応したフォノイコライザー『EQA-444』が発売されました。


※ortofon EQA-444 MM/MC対応フォノイコライザー NEW

『EQA-444』は、デンマーク本社のチーフエンジニア、
ライン・ヨハンセン博士の技術協力を受け、
日本のアナログレコード・ファンの為に開発されました。
設置場所も考え、新たにコンパクトなシャーシを開発しています。


※EQA-444 背面

電源は、シャーシサイズとノイズ対策を考慮し、ACアダプターから供給されます。

MM/MCの切替は、背面のスイッチで行います。
RCA端子も、近年のRCAプラグの大型化に対応する為、間隔を広めにとっています。


レコードを本格的に聴きはじめ、
プリメインアンプの内蔵フォノイコライザーでは飽き足らなくなってきた方に、
おすすめできるフォノイコライザーが、また1機種増えました。


ortofon EQA-444 MM/MC対応フォノイコライザー NEW
定価88,000円(税別)

入力端子 : RCA端子*1系統、MM/MCは背面のスイッチで切替
出力端子 : RCA端子*1系統
入力感度/入力インピーダンス
 ・MC : 250μV/100Ω
 ・MM : 2.5mV/47kΩ
サイズ : W142mm*H48.5mm*D113mm(D119mm/ツマミ端子含む)
重量 : 980g
付属品 : ACアダプター(100V-240V対応)


より本格的にMCカートリッジを楽しみたい方は、こちらもコンパクトなサイズの、
MC用ステップアップトランス・『ST-7』のご使用をおすすめします。


※ortofon ST-7 MC用ステップアップトランス NEW

『ST-7』はortofonから久々に登場する、エントリークラスの昇圧トランス。
トランスのコアはパーマロイ製です。
左右独立で、それぞれパーマロイのシールド・ハウジングに収められています。
筐体を大型化する事で干渉を低減するとともに、
ある程度の重量を持たせる事で振動対策も行っています。


ortofon ST-7 MC用昇圧トランス NEW
定価34,000円(税別)

入力端子 : RCA端子*1系統
出力端子 : RCA端子*1系統
昇圧比 : 24dB(47kΩ/1kHz)
対応インピーダンス : 2Ω~60Ω
周波数レスポンス : 15Hz~45kHz(+0dB、-2.5dB)
チャンネルセパレーション : 70dB(1kHz)
サイズ : W122mm*H43.5mm*D102mm(D113mm/端子含む)
重量 : 790g




▽△

2017年6月24日土曜日

【中古情報】高性能ベルトドライブ式レコードプレーヤー・HANSS『T-60』の中古が入荷しています。

厚さ128mm、重量19kgという重量級プラッターを、
左右独立の2つのモーターで回転させる、高性能ターンテーブル『T-60』の中古情報です。

ダブルアームに対応した、ベルトドライブ式レコードプレーヤーです。


※HANSS T-60 ベルトドライブ式レコードプレーヤー(トーンアームは別売)

アルミ製の重量級プラッターは、マグネットでフローティングされる事で、
軸受けのフリクションロスを低減し、軸受けへの負担を軽減しています。


※HANSS T-60 側面

シャーシは、アルミニウムとアクリルを交互に積層したサンドイッチ構造。
硬さの異なる素材を組み合わせる事で、共振を防ぎ振動を遮断します。
シャーシを支える脚部も、磁石によってフローティングされる特殊構造を採用しています。


※HANSS T-60と設置用専用ラックHR-403

モーターは振動対策の為に外付け。
重量のあるプラッターを正確に回す為、左右独立で2基使用しています。

左右にモーターを設置する為、幅65cm以上のスペースが必要な事もあり、
専用の設置用ラックがご用意されています。
こちらの棚板も、プレーヤーのシャーシと同じく、
アルミニウムでアクリルを挟んだサンドイッチ構造が採用されています。

今回は、プレーヤー本体と設置用専用ラックのセットでのご販売となります。
また、アームは別売となりますのでご了承下さい。


HANSS T-60&HR-403
定価合計1,530,000円(税別) 内訳:T-60・定価1,180,000円、HR403・定価350,000円
中古販売価格765,000円(セット/税込)
※アームレスレコードプレーヤーと設置用専用ラックのセット販売です。

T-60 アームレスレコードプレーヤー
駆動方式 : 左右独立2モーター、シリコンベルトドライブ片側3本・計6本
回転数 : 33・1/3、45回転
重量
 ・プラッター19kg : シャーシ別(重量不明)
 ・モーター(大)4.5kg、モーター(小)4kg
 ・SC-30コントローラー4kg
設置必要サイズ : W660mm*D400mm

HR-403 設置用専用ラック
 サイズ : W660mm*H750mm*D550mm

付属品
 ・ortofon・12インチアーム用ベース
 ・SME・9インチアーム用ベース
 ・REGA・9インチアーム用ベース
 ・ortofon・9インチアーム用カーボン製アダプター(REGA用アームベースと組合せて使用)

本体用元箱あり、ラック箱なし

ラック小キズあり
付属スタビライザー小キズあり


6月26日(月)まで、ortofon・12インチアーム『AS309S』を取り付けてデモを行っています。




▽△

【展示機導入】LUXMANのAB級パワーアンプ搭載のプリメインアンプ、『L-507uXⅡ』の展示を開始しました。

LUXMANの新型プリメインアンプ『L-570uXⅡ』の展示を開始しました。

AB級パワーアンプ搭載プリメインアンプのトップモデルとなります。


※LUXMAN L-507uXⅡ プリメインアンプ NEW

このクラスとしては異例と言える、3パラ・プッシュプルのパワーアンプを搭載し、
クラスを超える駆動力を持つ『L-507uX』の、プリ部をブラッシュアップしたモデルです。

電子制御式のアッテネーター『新LECUA1000』を引き続き搭載するとともに、
高音質帰還回路ODNFを、最新の『バージョン4.0』にアップデートしています。
また、プリ部からパワー部への受け渡しとなる、プリのバッファ回路に、
プリアンプ『C-900u』と同等のディスクリートバッファ回路を搭載した意欲作です。


前作『L-507uX』のクリアーで現代的なサウンドをベースに、
密度感のある、濃厚な低域表現が加わっています。
その為、聴き比べると重心がかなり下に移動していると感じます。
高域は初めて聞いた瞬間は、おとなしく聞こえ、若干ナローか?と感じますが、
低域の重心の低さに慣れてくると、
大変伸びやかで、ワイドレンジなサウンドであることに気が付きます。

プリ部を強化する事で、今まで以上に、
セパレートアンプ的なサウンドを実現した事が実感できる、充実したサウンドです。


『L-507uXⅡ』のご紹介はこちら↓
http://nojima-audiosquare.blogspot.jp/2017/05/luxmanl-507ux6.html



LUXMAN L-507uXⅡ AB級パワーアンプ搭載プリメインアンプ NEW
定価480,000円(税別)

定格出力 : 110w+110w(8Ω)、220w+220w(4Ω)
入力
 ・RCA端子*4系統
 ・XLR端子*2系統
 ・フォノ入力(RCA端子)*1系統 : MM/MC対応
 ・パワーアンプ入力(RCA)*1系統
出力 : プリアウト(RCA)*1系統
録音用入出力 : RCA*1系統
ダンピングファクター : 260
サイズ : W440mm*H178mm*D454mm(全面ノブ20mm、背面端子27mm含む)
重量 : 25.0kg
付属品 : リモコン(RA-17A)、電源ケーブル(JPA-10000)


『LUXMANプレミアム延長保証』対象製品です。
『延長保証』に関しては、こちらをご覧ください↓
http://nojima-audiosquare.blogspot.jp/2015/03/luxman7.html


オーディオスクェアは『LUXMAN 正規取扱店』です。

http://www.luxman.co.jp/dealer/




▽△

【展示品処分】MonitorAudioのブックシェルフ型スピーカー『Silver 1』の、展示品処分を行います。

イギリス・MonitorAudioの中堅シリーズの、
ブックシェルフ型スピーカー『Silver 1』の展示品処分を行います。


※MonitorAudio Silver 1 ブックシェルフ型スピーカー

今回の処分品の仕上げは、木目のウォールナットになります。

『Silver 1』は、同社を有名にした『C-CAM振動板』を、ツィーターとウーハーに採用。
全帯域の音質をそろえる事を実現したシリーズです。
『C-CAM』はアルミ製の振動板の表面をセラミック化したもので、
通常のアルミ製振動板に比べ強度が高く、共振がおきづらい、
MonitorAudio独自の振動板素材です。

ウーハーの表面にはティンプル形状の加工が施され、強度をアップしています。
ツィーターはウーハーからの背圧の影響を抑えるように、バックチャンバーに収めました。

バスレフポートの形状も、上位モデル『PLUTINUMシリーズ』の形状を採用するなど、
中堅モデルながら充実した内容の製品です。


サイズ以上の充実した低域が、スピーカーから前に向かって出てくる、
イギリス・ブランドとしては珍しいサウンドです。
比較的演奏者に近い位置で聴いているような感じのスピーカーをお探しなら、
ぜひ候補に上げて頂きたいと思います。


MonitorAudio Silver 1 ブックシェルフ型スピーカー
定価113,000円(ペア/税別) → 展示品処分特価85,500円(ペア/税込)

形式 : 2ウェイ・バスレフ型
搭載ユニット
 ・ツィーター : 25mmゴールドドーム・C-CAMツィーター*1基
 ・ウーハー : 150mmC-CAMドライバー*1基
周波数特性 : 45Hz~35kHz
クロスオーバー : 3.0kHz
能率 : 87dB/1w/1m
インピーダンス : 8Ω
サイズ : W185mm*H312mm*D275mm
重量 : 6.95kg




▽△

2017年6月23日金曜日

【展示品処分】Bowers&Wilkinsの『CMシリーズ』が急遽生産完了となりました。『CM1S2』と『CM6S2』の展示品処分を行います。

大変急なのですが、Bowers&Wilkinsの中堅モデル、
『CM S2シリーズ』の生産完了がアナウンスされました。

日本への追加納品も行われないのに加え、
輸入元のD&Mの在庫もすでに終了の為、国内流通分で完売となります。

新品ラスト在庫。『CM1 S2』のブラック仕上げはこちらから↓
https://online.nojima.co.jp/commodity/2/CM1S2_B/


オーディオスクェア藤沢店の在庫分も完売したので、
店頭デモ機の処分を行わせて頂きます。

展示機は『CM1 S2』のローズナット仕上げと、


※Bowers&Wilkins CM1 S2 ローズナット仕上げ

『CM6 S2』のピアノブラック仕上げとなります。


※Bowers&Wilkins CM6 S2 ピアノブラック仕上げ

展示品のご販売価格は、
『CM1 S2』が99,800円(ペア/税込)、
『CM6 S2』が256,800円(ペア/税込)となります。

お電話でもご注文承ります。
オーディオスクェア藤沢店 TEL 0466-31-0603


Bowers&Wilkins・『CM1 S2』のご紹介はこちら↓
http://nojima-audiosquare.blogspot.jp/2014/09/bowers-s2.html

Bowers&Wilkins・『CM6 S2』のご紹介はこちら↓
http://nojima-audiosquare.blogspot.jp/2014/09/bowers-s2-cm6-s2.html




▽△

明日6月24日(土)は、話題の新ブランド・CS Portの試聴会です。只今準備中。

日本発・真空管アンプのトップエンド・ブランド『CS Port』の試聴会を、
明日6月24日(土)に開催させて頂きます。

只今、準備中。


※CS Portのセッティング中

今回は、CS Portのファーストプロダクツ3モデルをご用意。


※CS Port 212PA 真空管モノラル・パワーアンプ NEW

大型の出力管『212E』を使用した『212PA』、
リニアトラッキングアームを搭載したレコードプレーヤー『LFT1』、
バッテリードライブ式真空管フォノイコライザー『C3EQ』をお聴き頂けます。

スピーカーは、TADの『TAD-CR1』と、
Bowers&Wilkins『803D3』を使用させて頂きます。


試聴会の詳細と、『CS Port』のご紹介はこちら↓
http://nojima-audiosquare.blogspot.jp/2017/05/cs-port624.html



【電源の品質が音楽を甦らせる】
日本発・真空管アンプのトップエンド・ブランド登場

<使用機器>
CS Port
 ・212PA : 真空管モノラル・パワーアンプ NEW
 ・LFT1 : リニアトラッキングアーム付き糸ドライブ式レコードプレーヤー NEW
 ・C3EQ : バッテリー駆動式真空管フォノイコライザー NEW

TAD TAD-CR1 : ブックシェルフ型スピーカー
Bowers&Wilkins 803D3 : フロアー型スピーカー

Accuphase
 ・C-2850 : プリアンプ
 ・DP-720 : SACDプレーヤー


開催日  : 6月24日(土)
開催時間 : 14:00~16:00 (約2時間を予定しております)
開催場所 : オーディオスクェア藤沢店 試聴室

お席のご予約はこちら↓
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdwFwCccYu_x21d9Rn0Rq8X2X08NTg-TRE9Jzeesl4WFQ542Q/viewform


お電話でもお席のご予約承ります。
オーディオスクェア藤沢店 TEL 0466-31-0603




▽△

7月2日(日)開催。Technics Presents『ファミリータイム』の会場マップです。

7月2日(日)に開催する、
Technics Presents・音楽が家族をつなげる『ファミリータイム』の会場マップです。



Technics Presents ・『ファミリータイム』の特設ページを開設しました。
詳細は、下のバナーからどうぞ↓ 随時更新させて頂きます。

http://nojima-audiosquare.blogspot.jp/p/technics-presents.html

開催日 : 2017年7月2日(
開催場所 : 湘南モールFILL内4会場
開催時間 : 10:00~19:00 ※各会場ごとに開催時間が異なります




▽△

2017年6月22日木曜日

ESOTERICから、フルバランス構成の高性能フォノイコライザー『E-02』が、7月下旬に発売になります。

ESOTERICから、ロングランを続ける『E-03』の実質的後継モデルと言える、
フルバランス構成のフォノイコライザー『E-02』が、7月下旬発売開始となります。


※ESOTERIC E-02 MM/MC対応フォノイコライザー NEW

入力はMC専用のXLR端子が1系統のほか、
MM/MC両方の入力に対応したRCA端子が2系統の、計3系統。
フロントのロータリースイッチで切替可能で、
各種設定を入力系統ごとに記憶させる事が可能です。


※ESOTERIC E-02 背面

L、R各チャンネルは独立基板。フルバランス構成となっています。
MC入力に関しては、ヘッドアンプで増幅後、MM用フォノイコライザーに送り込まれます。



※ESOTERIC E-02 内部

電源部も左右独立のデュアルモノ構成となっています。

出力バッファーはESOTERICの最上位プリアンプ『Grandioso C1』等にも採用された、
『ESOTERIC-HCLD(High Current Line Driver)』を搭載。


※ESOTERIC E-02 Block Diagram / ch

この高スルーレート・バッファー回路を片chあたり2回路搭載。
XLR出力時はディファレンシャル(差動)で動作させ、
RCA出力時はパラレル(並列)で動作させる、
ESOTERICの特徴とも言える動作方法をとっています。

また、先行で発売されているプリメインアンプ『Grandioso F1』と、
SACDプレーヤー『Grandioso K1』との組み合わせで初採用された、
電流伝送方式の『ES-LINK Analog』にも対応しています。


機能面も充実している点も魅力です。

MC用の負荷インピーダンスは8段階の切替に対応。
サブソニックフィルターのON/OFF、モノラル再生用のMONOスイッチの他、
MCカートリッジや昇圧トランスの磁化された鉄心を消磁する、
簡易消磁機能・『DEMAG』機能も搭載されています。
※『DEMAG』機能は、レコードを約30秒再生する事で効果を発揮します。


フォノイコライザーは大変微小な信号を扱う為、シャーシの振動も大きな影響を与える、
と言う事で、シャーシに関してもESOTERICらしいこだわりにあふれています。
各基板の配置を吟味するだけで無く、
各基板を固定するシャーシにスリットを入れる事で、振動をコントロールするとともに、
特許取得の独自のピンポイントフットを採用する事で、外部からの振動の影響も抑えています。

発売は、7月20日(木)からとなっています。


ESOTERIC E-02 MM/MC対応フォノイコライザー NEW
定価650,000円(税別) 7月20日発売開始予定

入力 : RCA*2系統、MC専用XLR*1系統
出力 : RCA*1系統、XLR*1系統(切替えスイッチでES-LINK Analogに変更可能)
入力感度
 ・MC : 1mV(1kHz、定格出力時)
 ・MM : 20mV(1kHz、定格出力時)
入力インピーダンス
 ・MC : 10Ω、50Ω、100Ω、200Ω、300Ω、1kΩ、10kΩ
 ・MM : 47kΩ
利得
 ・MC : RCA端子出力時・66dB、XLR端子出力時・72dB
 ・MM : RCA端子出力時・40dB、XLR端子出力時・46dB
RIAA偏差 : ±0.2dB
サブソニックフィルター : 17Hz、-6dB/octave
サイズ : W445mm*H131mm*D377mm(突起部含む)
重量 : 12.5kg



本日より、ご予約受付を開始しました。
オーディオスクェア藤沢店 TEL 0466-31-0603


このクラスは、国内メーカーだけでも、
Accuphaseの『C-37』、LUXMANの『EQ-500』、Phasemationの『EA-500』など、
魅力的な製品が数多く出てきました。
アナログレコードをお聴きになる事が多い方にとっては、
うれしい状況が生まれつつあると言えるでしょう。




▽△

『ファミリータイム』の会場を回って、3つのスタンプを集めて景品をゲットしよう!7月2日(日)開催のイベント情報です。

7月2日(日)に湘南モールFILLで開催する、
Technics Presents・音楽が家族をつなげる『ファミリータイム』の、
会場3か所を回るスタンプラリーを実施します。参加無料。


『ファミリータイム』の会場のうち、
1F・グルメポート入口『サウンド・トレーラー』(会場①)、
2F・コミュニティホール『ライブ・ダンス・DJ・ランド』(会場③)、
2F・ノジマ藤沢店内、オーディオスクェア『音楽の森』(会場④)の、
3か所でスタンプを集めて頂いた方々が対象になります。

抽選会場は2F・コミュニティホール前。

ガチャマシーンを回して、景品を手に入れてください。
抽選は11:00スタートとなります。
※景品の数量に達した時点で終了となりますのでご了承ください。


既にスタンプラリーの用紙が印刷されたパンフレットは、
湘南モールFILL各所、ノジマ藤沢店入口等で配布を開始しております。


パンフレットには、スタンプラリーのスタンプ設置場所のほか、
イベント会場案内、イベント開始時間等に関しても掲載されています。
こちらも、枚数に限りがございますの、お早めに手に入れてください。




Technics Presents ・『ファミリータイム』の特設ページを開設しました。
詳細は、下のバナーからどうぞ↓ 随時更新させて頂きます

http://nojima-audiosquare.blogspot.jp/p/technics-presents.html

開催日 : 2017年7月2日(
開催場所 : 湘南モールFILL内4会場
開催時間 : 10:00~19:00 ※各会場ごとに開催時間が異なります




▽△

SONYの最新有機ELパネル搭載4K-TV・『KJ-55A1』の体験試聴会を、7月9日(日)に開催します。

ついに国内メーカー各社から、有機ELパネルを使用したTVが本格的に発売開始となります。
今回はその中から、SONYの『A1シリーズ』をじっくりご覧いただけます。

有機ELパネルの魅力は、なんといっても幅広いコントラストと発色。
と言っても、一般販売店の明るい店内では、幅広いコントラストの魅力は、
なかなか伝わりづらいという問題点もあります。

そこで、実際の家庭環境に近い明るさ(それよりもちょっと暗い位の)、
オーディオスクェア藤沢店の試聴室で、有機ELの魅力をご体験頂きたいと思います。


※SONY A1 Series 有機ELパネル搭載4K-TV NEW

今回ご用意するのは55インチの『KJ-55A1』。


※SONY KJ-55A1 側面

なんと言っても驚くのは、その本体の薄さ。
自己発光する有機ELだからこそ可能なパネルの薄さです。

本体背面には、サブウーハー兼用のスタンドが取り付けられています。
メインのスピーカーは、パネル本体を振動させ音を出すアクチュアリーを使用した、
『アコースティック・サーフェス』方式を採用しており、見た目もすっきりしています。

今回のデモンストレーションでは、新しく登場したAVアンプ『STR-DN1080』も使用。
浮かび上がるかのような美しい映像をお楽しみください。



SONY・最新有機ELパネル搭載4K-TV『A1 Series』体験試聴会

<使用機器>
SONY : KJ-55A1 有機ELパネル搭載4K-TV NEW
SONY : STR-DN1080 Dolby ATMOS対応AVアンプ NEW


開催日 : 7月9日(
製品詳細説明 : 14:00~15:00 ※10:00~17:00までの間、SONY説明員がいます。
開催場所 : オーディオスクェア藤沢店 試聴室


お席のご予約はこちら↓
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSesBVhaSiqdVBl0Cy4heOVyadv6oJad0lyL6vR6Nsj1xrqb9g/viewform


お電話でもお席のご予約承ります。
オーディオスクェア藤沢店 TEL 0466-31-0603


試聴会は7月9日ですが、前日8日(土)にもご覧いただけます。



SONY KJ-55A1 有機ELパネル搭載4K-TV NEW
定価OPEN

パネル : 有機ELパネル
画素数(水平*垂直) : 3,840*2,160(4K)
4K高画質プロセッサー : 4K高画質プロセッサー『X1 Extreme』
超解像エンジン : 4K X-Reality PRO
トリルミナスディスプレイ
HDR信号対応
倍速機能 : 倍速駆動パネル
入出力端子
 ・HDMI入力 : 4系統(ARC対応)
 ・コンポジットビデオ入力端子 : 1系統
 ・光デジタル出力端子 : 1系統(AAC/PCM/AC3)
 ・ヘッドフォン出力端子 : 1系統(サブウーハー出力端子兼用)
 ・アナログ音声出力端子 : 1系統
スピーカー : アコースティック・サーフェス、2.1ch
 ・搭載スピーカー : アクチュエーター*4個、サブウーハー*1個
 ・アンプ出力(実用最大) : 合計50w(10w*5ch)
サイズ
 ・W1,228mm*H711mm*D86mm(本体)
 ・W1,228mm*H710mm*D339mm(スタンド含む)
重量 : 25.0kg(本体)、28.8kg(スタンド含む)




▽△

2017年6月21日水曜日

東洋化成 Presents『アナログレコードが出来るまで』。7月2日(日)開催・Technics Presents『ファミリータイム』イベント情報です。

7月2日(日)開催の『ファミリータイム』でのイベント情報です。

会場③湘南モールFILLのコミュニティーホールで、11:50からと、15:50からの計2回、
日本で唯一アナログレコードを生産(プレス)している、
東洋化成の協力を得て、なるほどレコード講座『アナログレコードが出来るまで』を開催します。


東洋化成のホームページはこちら↓
http://toyokasei.co.jp/

東洋化成のレコード事業に関してはこちら↓
http://toyokasei.co.jp/record/index.html

東洋化成がプロデュースする、アナログレコード・Web マガジンはこちら↓
http://r-p-m.jp/


会場③では、日本を代表する、
世界トップレベルのDJ・『DJ BUNTA』の、DJパフォーマンスをお楽しみいただけますが、
彼らDJが使用するレコードは、どのように作られているのでしょうか。
また、どうしてあの黒い円盤から音が出るのでしょうか。

そんな疑問にお答えするイベントです。


東洋化成 Presents 『アナログレコードが出来るまで』

会場③ : 湘南モールFILL 2F コミュニテーホール
開催時間 : ①11:50~、②15:50~
講師 : 東洋化成




同じ会場③で行うイベント、『ライブ・ダンス・DJ・ランド』のご紹介はこちら↓
http://nojima-audiosquare.blogspot.jp/2017/06/72technics-presentsdj.html



Technics Presents ・『ファミリータイム』の特設ページを開設しました。
詳細は、下のバナーからどうぞ↓ 随時更新させて頂きます

http://nojima-audiosquare.blogspot.jp/p/technics-presents.html

開催日 : 2017年7月2日(日)
開催場所 : 湘南モールFILL内4会場
開催時間 : 10:00~19:00 ※各会場ごとに開催時間が異なります




▽△

今週末6月24日(土)は、新しい真空管アンプブランド・CS Portのお披露目試聴会を開催します。

今週末26日(土)は、
日本発の新しい真空管アンプのトップエンドブランド・『CS Port』の試聴会を開催します。


今回ご用意するのは、CS Portのファーストプロダクツである3機種。


糸ドライブ式プレーヤーに、リニアトラッキングアームを組み合わせた『LFT1』、
出力管に大型3極管『212E』を使用したモノラル・パワーアンプ『212PA』、
バッテリー駆動で真空管をドライブするフォノイコライザー『C3EQ』です。

長年、工業用の高性能なスイッチング電源の開発を行ってきた技術者が、
新たに起業したオーディオブランドという事もあり、
真空管とスイッチング電源の組合せと言う、新しいチャレンジが行われています。


試聴会の詳細と、『CS Port』のご紹介はこちら↓
http://nojima-audiosquare.blogspot.jp/2017/05/cs-port624.html



【電源の品質が音楽を甦らせる】
日本発・真空管アンプのトップエンド・ブランド登場

<使用機器>
CS Port
 ・212PA : 真空管モノラル・パワーアンプ NEW
 ・LFT1 : リニアトラッキングアーム付き糸ドライブ式レコードプレーヤー NEW
 ・C3EQ : バッテリー駆動式真空管フォノイコライザー NEW

TAD TAD-CR1 : ブックシェルフ型スピーカー


開催日  : 6月24日(土)
開催時間 : 14:00~16:00 (約2時間を予定しております)
開催場所 : オーディオスクェア藤沢店 試聴室


お席のご予約はこちら↓
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdwFwCccYu_x21d9Rn0Rq8X2X08NTg-TRE9Jzeesl4WFQ542Q/viewform


お電話でもお席のご予約承ります。
オーディオスクェア藤沢店 TEL 0466-31-0603




▽△

2017年6月20日火曜日

【期間限定キャンペーン】Bowers&Wilkinsのトールボーイ型スピーカー『684 S2』と『683 S2』購入者に、audioquest製スピーカーケーブルがプレゼントされます。

Bowers&Wilkinsのトールボーイ型スピーカーのご購入者を対象とした、
スピーカーケーブル・プレゼントキャンペーンが、6月21日(水)からスタートします。


対象モデルは2機種。

スリムなトールボーイ型スピーカー『684 S2』と、


※Bowers&Wilkins 684 S2 トールボーイ型スピーカー

『FSTケブラー・ミッドレンジドライバー』を搭載した、
『600S2シリーズ』の中で最大サイズのトールボーイ型スピーカー『683 S2』です。


※Bowers&Wilkins 683 S2 トールボーイ型スピーカー

プレゼントされるスピーカーケーブルは、audioquest製の『Type4.2』。
長さは3mで、両端BANANAプラグ仕様となります。


※audioquest Type4.2 スピーカーケーブル(イメージ)

『Type4.2』はaudioquestが『LGC』と呼ぶ、大型結晶構造の無酸素銅の単線を採用。
プラス、マイナス、それぞれの導体を2本。
計4本をスタッカード構造とした、フルレンジ専用のスピーカーケーブルです。

audioquestのケーブルは、Bowers&Wilkinsの音質検討にも使用されています。
また、marantzの音質検討にも使用されている事でも有名です。


キャンペーン期間は、2017年8月31日(木)までとなっています。



Bowers&Wilkins 『audioquest製スピーカーケーブル・プレゼントキャンペーン』

対象モデル : Bowers&Wilkins 683 S2 / 684 S2
キャンペーン期間 : 2017年6月21日(水)~2017年8月31日
応募方法 : 以下の3点を、ディーアンドエムホールディングスに送付してください。
 ①対象製品の保証書のコピー
 ②ご購入時の領収書、またはレシートのコピー
 ③プレゼント品の発送先

2017年9月30日までの消印有効となっています。

並行輸入品、B級品、アウトレット品、海外での購入品は対象外となります。


詳細は店頭まで。




▽△

2017年6月19日月曜日

音元出版 Presents 『アナログレコードのある生活』。7月2日(日)開催・『ファミリータイム』イベント情報です。

7月2日(日)開催の『ファミリータイム』でのイベント情報です。

会場④オーディオスクェア藤沢店・試聴室では、
11:30から『レコード再生を始めたい』という、
アナログレコード再生初心者の方も楽しめるイベントを開催します。


講師に、音元出版・編集長の浅田陽介氏を迎え、
『アナログレコードのある生活(ライフスタイル)』の楽しさをご提案します。

実際に皆さんが、どんなふうにレコード再生を楽しまれているのか。
出版社だからご用意できる、海外イベントの最新情報や、
レコード再生を楽しまれている方々の実際のご様子などをご紹介します。



Technics Presents ・『ファミリータイム』の特設ページを開設しました。
詳細は、下のバナーからどうぞ↓ 随時更新させて頂きます。

http://nojima-audiosquare.blogspot.jp/p/technics-presents.html

開催日 : 2017年7月2日(日)
開催場所 : 湘南モールFILL内4会場
開催時間 : 10:00~19:00 ※各会場ごとに開催時間が異なります


音元出版 Presents 『アナログレコードのある生活(ライフスタイル)』

会場④ : オーディオスクェア藤沢店・試聴室
開催時間 : 11:30~12:00
講師 : 音元出版・編集長 浅田陽介氏


オーディオ、ヴィジュアル機器に関する最新情報が手に入る、
音元出版のWebサイト『PHILE WEB』はこちらから↓
http://www.phileweb.com/




▽△

6月20日(火)発売開始の、ESOTERIC・名盤復刻シリーズのSACD・JAZZ-BOX『Verve 6 GREAT JAZZ』が入荷しました。

JAZZレコード最大のリリース枚数を誇る『Verve(ヴァーヴ)』の、
創設期である1950年代後半にスポットを当てた、名盤6枚のSACD-BOX、
『Verve 6 GREAT JAZZ』が、明日から発売開始となります。

ESOTERICのJAZZ-BOXとしては、第5弾となります。


※ESOTERIC 『Verve 6 GREAT JAZZ』 SACD-BOX ESSV-90163/68 NEW

今回は、3,000セットの数量限定となります。

『Verve 6 GREAT JAZZ』のご紹介はこちら↓
http://nojima-audiosquare.blogspot.jp/2017/05/esotericjazz-box5verve-6-great-jazz620.html


ESOTERIC 『Verve 6 GREAT JAZZ』 NEW

品番 : ESSV-90163/68(6枚組)
定価 : 19,444円(税別)
仕様 : SACDハイブリッド
レーベル : Verve


若干数、フリーがご用意できております。
お早めにお声がけ下さい。
オーディオスクェア藤沢店 TEL 0466-31-0603




▽△

2017年6月18日日曜日

JAZZの名盤・180g重量盤アナログレコードが、新たに6タイトル入荷しました。

JAZZの名盤・180g重量盤アナログレコードが新たに6タイトル入荷しました。


※JAZZの名盤・180g重量盤 NEW

今回の入荷分は、写真左上より、
Miles Davis 『The Musings of Miles +1』、
Louis Armstrong 『Satchmo in Style +2』、
Charles Mingus 『Oh Yeah! +1』、
Ella Fitzgerald 『Sings the Rodgers and Hart SongBook』、
Duke Ellington 『Blues In Orbit +2』、
Julie London 『About The Blues +4』の6タイトルです。

Ella Fitzgerald 『Sings the Rodgers and Hart SongBook』のみ2枚組で、販売価格は3,500円(税込)
その他5タイトルは。2,440円(税込)となっています。


Miles Davis 『The Musings of Miles +1』
品番 : PAN9152293
Miles Davisのアルバムではめずらしいワン・ホーンのカルテット。
ゆったりとした上品なスウィングと、Red Garlandのピアノが魅力のアルバムです。
ボーナストラック1曲追加。

Louis Armstrong 『Satchmo in Style +2』
品番 : WAX772182
作曲家ゴードン・ジェンキンスと彼のオーケストラとのポップススタンダード集。
White Christmasuと、Winter Wanderlandの2曲追加。

Charles Mingus 『Oh Yeah! +1』
品番 : WAX772184
ベーシストMingusが、ベースを弾かずピアノとボーカルに専念しためずらしいアルバム。
ボーナストラック1曲追加。

Ella Fitzgerald 『Sings the Rodgers and Hart SongBook』 2枚組
品番 : WAX772181
Ella Fitzgeraldが、リチャード・ロジャー&ローレンツ・ハートのコンビの名曲を歌います。

Duke Ellington 『Blues In Orbit +2』
品番 : WAX772183
Duke Ellingtonによるブルース・アルバム。ボーナストラック2曲追加。

Julie London 『About The Blues +4』
品番 : WAX771275
Julie Londonがビックバンド&ストリングスをバックに、ブルースをムード良く歌い上げます。
ボーナストラック4曲追加。




▽△

2017年6月17日土曜日

オーストリア・Pro-jectの25周年記念モデル『The Classic』の日本導入が決定しました。

CDが登場した後に誕生した、レコードプレーヤーメーカー・Pro-jectの、
創業25周年を記念したモデル・『The Classic』が、6月下旬より日本でも販売開始となります。


※Pro-ject The Classic ベルトドライブ式レコードプレーヤー
創業25周年記念モデル NEW

クラシカルなデザインながら、なかなか凝った構造のレコードプレーヤーで、
いかにもコストパフォーマンスの高い、Pro-jectらしい製品と言えます。

メインプラッターはアルミ製。
外周部を厚くする事で慣性モーメントを上げるとともに、
その中にTPE材を埋め込み、共振を防いでいます。

TPE(Thermo Plastic Elastomer)は、熱可塑性エラストマーとも呼ばれる、
プラスチックとゴム、2つの特徴を併せ持つ振動吸収性の高い素材です。
ゴムの様に振動を吸収できるとともに、
プラスチックの様に精密な加工が可能で、しかも変形しづらいという素材です。

サブプラッターもTPE材で作られており、
メインプラッターとは違う異種素材を組み合わせる事で、共振をコントロールしています。

25周年記念モデルと言う事もあり、、サブプラッターを支えるベアリングを、
上位モデルに搭載されるものに準じる仕様にアップグレード。
硬質鋼、ブロンズ・ブッシュ、テフロン・プレート・ベアリングを採用し、
軸受けの許容差を従来の1/10にする事で、精度を向上(0.005%)させノイズを低減しました。


※Pro-ject The Classic 構造①

アームとプラッターはトッププレートに取り付けられています。


※Pro-ject The Classic 構造②

モーターはメインシャーシに取り付けられています。
トッププレートとメインシャーシの間は、TPE製の6個のボールで支持され、
アームとプラッターはフローティングされる構造になっています。
これにより、モーターの振動がレコードに伝わりづらくなっています。

モーターはDC駆動のため、50Hz/60Hzに関係なく使用できるようになっています。
ただし、33・1/3回転と45回転の切替は、メインプラッターを取り外し、
ベルトの架け替えで行う必要があります。



※Pro-ject The Classic 構造③ カットモデル

カットモデルで、トッププレートとメインシャーシの間にある丸いボールがTPE製の緩衝材です。
また、メインプラッターの外周部のグレーの部分にTPE材が埋め込まれています。


アームも新設計。
トーンアームパイプは、アルミニウムとカーボンを重ね合わせています。
トーンアームパイプは極小のジルコン・ベアリングを搭載した、
低摩擦のカルダン・ベアリング機構(自在継手の一種)により支えられています。


※The Classicに搭載されるアームのカットモデル

トーンアームの台座は日本製のボールベアリングを採用。
アームがスムーズに動く事で、より正確なトレースを実現したそうです。
カウンターウェイトも、TPE材で制振されています。

また、(実売価が10万円台前半ですが)アームの高さ調整にも対応しています。
出力はRCA端子となっており、フォノケーブルの交換も可能です。


※Pro-ject The Classic 背面

さらにダストカバーが付属している点も、家庭での使用を考えるとうれしい点と言えるでしょう。


※ダストカバーを装着した状態


発売に先駆け、D&Mにて実機をデモして頂きましたが、
フローティングモデルらしいスムーズなサウンドと、低域の解像度感の高さがうかがえました。


個人的にPro-jectの魅力は、20年位前に初めて『6.1』が日本に輸入された時から、
比較的低価格でフローティングモデルが手に入る点と思っていましたので、
今回の『The Classic』の導入は、大変うれしく思っています。


Pro-ject The Classic ベルトドライブ式レコードプレーヤー(カートリッジ別売) NEW
定価OPEN → 輸入元想定販売価格123,000円前後(税別) 

駆動方式 : ベルトドライブ
対応回転数 : 33・1/3、45回転(ベルト架け替えによるマニュアルスピード切替)
ワウフラッター : 0.11%(33・1/3回転)、0.1%(45回転)
回転数偏差 : 0.15%(33・1/3回転)、0.12%(45回転)
プラッター : 300mmアルミニウム製
メイン・ベアリング : 高品質ステンレス・スチール
トーンアーム寸法 : 9インチ・アルミニウム・カーボン複合(230mm)
オーバーハング : 18.0mm
適合カートリッジ自重 : 7.0g~14.0g
サイズ : W460mm*H131mm*D351mm
重量 : 10.2kg
付属品 : 電源アダプター、ダストカバー、フォノケーブル、ターンテーブルマット

6月下旬発売開始


ご予約受付を開始しました。
オーディオスクェア藤沢店 TEL 0466-31-0603




▽△

2017年6月16日金曜日

中古スピーカー特別セール・第2弾!!今回は、Sonus faberとESOTERIC。表示価格より10%OFF!!

Sonus faberとESOTERICの、お買い得な中古スピーカーを、
さらにお買い得にご提供する『中古スピーカー特別セール・第2弾』を開催します。


※Sonus faber Concerto Domus(左) ESOTERIC MG-20(右)

対象モデルは2つ。
Sonus faber『Concerto Domus』と、
英国・TANNOYが製造し、ESOTERICブランドで販売された『MG-20』。

期間限定で現在の販売価格より、更に10%OFFさせて頂きます


まずは、イタリア製スピーカー『Concerto Domus』。
Sonus faberの人気高級モデル『Cremona』に採用された、リュート型フォルムと、
リング・ラジエター型のツィーターが搭載されたモデルです。
もちろん、上位モデル同様にフロントバッフルにブラック・レザーが貼り込まれています。
Sonus faberらしい、柔らかく密度感のあるサウンドを楽しめるモデルです。

Sonus faber Concerto Domus(PB) トールボーイ型スピーカー
定価420,000円(ペア/税別)
中古販売価格185,000円(ペア/税込) → セール価格166,500円(ペア/税込)

付属品 : 取説あり、元箱無し
形式 : 2ウェイ・バスレフ型
搭載ユニット
 ・ツィーター : 25mmリング・ラジエター型*1基
 ・ウーハー : 180mmペーパー・コーテッド・コーン型*1基
周波数特性 : 35Hz~20kHz
クロスオーバー周波数 : 3.6kHz
能率 : 88dB(2.83V/1m)
インピーダンス : 4Ω
サイズ : W205mm*H990mm*D310mm
重量 : 23.2kg


ESOTERICの『MG-20』は、ESOTERICブランド20周年記念モデル。
ツィーター、ウーハー(センターキャップ含む)は、純度96%のマグネシウム製。
最終的な音決め(監修)はESOTERICが行いましたが、
設計・製造は、英国・TANNOYが行ったコラボレーション・モデルです。

エンクロージャーはバーチ(樺)材の積層合板を採用し、仕上げはチェリー材を使用しています。
バッフルのサイドには25mm厚のチェリー無垢材を使用。
この部分に無垢材を使用すると、大変響きの良いサウンドを実現できます。
内部配線はオランダ・van den Hul社製のシルバーコーティング銅線を使用。
クロスオーバー回路に搭載されるコンデンサーなども、
TANNOYの高級機『PRESTIGEシリーズ』に使用されるパーツが使われています。

ESOTERICブランドらしい高解像度サウンドが魅力ですが、
そこに何とも言えない美しい響きがのるのは、TANNOYで製造されたからでしょうか。

ESOTERIC MG-20 トールボーイ型スピーカー
定価700,000円(ペア/税別)
中古販売価格218,000円(ペア/税込) → セール価格196,200円(ペア/税込)

付属品 : 取説あり、元箱無し
形式 : 2ウェイ・バスレフ型
搭載ユニット
 ・ツィーター : 25mmマグネシウム製ドーム型*1基
 ・ウーハー : 165mmマグネシウム・コーン型*2基
周波数特性 : 38Hz~44kHz
クロスオーバー周波数 : 1.9kHz
能率 : 89dB(1w/1m/1kHz)
インピーダンス : 6Ω(最小3.8Ω)
サイズ : W216mm*H1,060mm*D271mm(突起部含まず)
付属ベースサイズ : W260mm*H36mm*D310mm
重量 : 18.9kg(ベース含む) / 本体15.0kg、ベース約3.9kg


6月25日(日)までの期間限定セールです。




▽△

2017年6月15日木曜日

【期間&数量限定キャンペーン】YAMAHA・『電源ケーブル・プレゼントキャンペーン』が開始されました。対象モデルはメーカー保証が手厚い事も魅力です。

皆さんからご好評の、
YAMAHAのプリメインアンプ、SACDプレーヤーをご購入いただいたお客様に、
GOURD(ゴード)製の電源ケーブルをプレゼントするキャンペーンが、
この夏も実施されることになりました。


対象モデルは、今回も5モデル。


※YAMAHA CD-S3000(上) A-S3000(下)

バランス伝送に対応した、最上位モデルのSACDプレーヤー『CD-S3000』と、
フルバランス構成のプリメインアンプ『A-S3000』。


※YAMAHA CD-S2100(上) A-S2100(下)

『3000シリーズ』と同じく、フルバランス構成を採用した、
SACDプレーヤー『CD-S2100』と、プリメインアンプの『A-S2100』。

SACDプレーヤーの『CD-S3000』と『CD-S2100』は、優秀なUSB-DAC機能も搭載されています。


※YAMAHA A-S1100

入力部をシングルエンド(RCA)に特化させる事で、
独自の『フローティング&バランス・パワーアンプ』の真価を、
価格を抑えて楽しめるようにしたプリメインアンプの『A-S1100』。


これら対象製品を期間内にお求め頂いたお客様に、1台に付き1本、
ひさご電材株式会社のオーディオケーブルブランド・GOURDの電源ケーブル、
『GCP-663/1.8m』(販売価格26,000円相当)をプレゼントいたします。


※プレゼント品 GOURD GCP-663/1.8m


『GCP-663/1.8m』で使用される導体は、
古河電工の高純度無酸素銅導体『PCUHD』と通常の『4N-OFC』のハイブリッド。

『PCUHD』は4N(純度99.99%)ながら、
『高い柔軟性』と『極細線まで加工可能な伸線性』を持つ、
昨年開発されたばかりの新型導体です。

不純物である酸素の購入を抑える為、ガスバーナーを使用せず、
装置内部を不活性ガスで充填する事で、
導体内の酸素量を、一般的な無酸素銅の規格の半分以下(5ppm以下)に押さえています。
素材内の気泡、酸化物の生成が抑えられていることで、
音響用ケーブル、音響機器内部配線材として理想的な導体と言われています。

ひさご電材株式会社は、ケーブルのOEM事業で有名な会社。
GOURDは、無駄を省き、OEMメーカーとしての生産能力を活かし、
コストパフォーマンスの高い製品を提供しているブランドです。



キャンペーン期間は、2017年9月30日(土)までですが、
電源ケーブルが予定数に達した時点で、期間中でも終了となりますのでお気を付けください。


『S3000シリーズ』のご紹介はこちら↓
http://nojima-audiosquare.blogspot.jp/2013/07/yamahaa-s3000cd-s3000.html

『S2100シリーズ』のご紹介はこちら↓
http://nojima-audiosquare.blogspot.jp/2014/06/yamaha-cd-s2100-s2100.html

プリメインアンプ『A-S1100』のご紹介はこちら↓
http://nojima-audiosquare.blogspot.jp/2015/07/yamahaa-s10007a-s11007.html


キャンペーン対象製品の、
プリメインアンプ『A-S3000』、『A-S2100』、『A-S1100』はメーカー保証が5年、
SACDプレーヤー『CD-S3000』、『CD-S2100』はメーカー保証が3年と、
長期保証が付いている事もお忘れなく!!


オーディオスクェア藤沢店では、『S2100シリーズ』の、
『CD-S2100』と『A-S2100』の展示を行っています。




▽△

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています
ノジマ・オーディオスクェアは、Accuphase製品、神奈川県No.1の正規取扱い法人です。メンテナンスも含めご相談お待ちしています。