最新の更新

明日18日から22日まで、【予約制イベント】Accuphase グレードアップ・カスタム・試聴会を開催します。

18日(水)から22日(日)まで、 【予約制イベント】Accuphase グレードアップ・カスタム・試聴会を開催します。 本日、イベントの為の準備を行いました。 ※イベントで使用するAccuphaseの製品たち 普段試聴会では、いろいろなパターンをメーカーさ...

2017年8月9日水曜日

『アナログ祭』にサプライズ・ゲスト登場。話題のレコードプレーヤー、TienAudioの『TT3』と、トーンアーム『Viroa 10inch』に加え、まったく新しい発電方法を採用したカートリッジ『青龍』が登場します。

話題のレコードプレーヤー、Tien Audioの『TT3』が、『アナログ祭』にサプライズ登場です。
同じく、Tien Audioの10インチトーンアーム『Viroa 10inch』が取り付けられたモデルです。


※Tien Audio TT3&Viroa 10inch ベルトドライブ式レコードプレーヤー NEW

『TT3』は、トーンアーム付きで定価550,000円(税別)という価格でありながら、
3モーターによるベルトドライブ式を採用した、高品位なモデルです。

3モーターとする事で、プラッターの軸が3方向から引っ張られる形となり、
ベルトの張力の影響による軸の傾きが軽減され、安定した回転を得る事が出来ます。
また3つのモーターで回転させる事で、1つのモーターあたりのトルクを小さくする事が出来、
結果モーターから発生する振動を低減する事が出来ます。
モーターはそれぞれ独立したサスペンション機構で、ベースからフローティングされています。
このモーターは、6000個の中からペアリングされたものを使用しているそうです。


※TT3のサブプラッターとモーター

サブプラッターは磁力によりフローティングされており、振動を遮断しています。
これらを支えるベースは航空機アルミニウム製で、3点支持のリジッドな構成となっています。
また、最大3本のアームが取り付けられるようになっています。


搭載されるトーンアームも独創的です。
その代表が磁石の力を利用した『マグネット・ダンピング機構』とアンチスケーティング機構です。

アームの基本はワンポイント機構。
アーム本体を、軸に被せる形で設置します。


※Viroa 10inchに採用された、マグネット・ダンピング機構の磁石(銀色の部分)


※Viroa 10inchの本体側の軸

アームに取り付けられた磁石を調整する事で、ダンピング量と、
カートリッジの左右の傾きを調整(アジマス調整)する事も可能です。

アームを見て頂くと、アンチスケーティングを設定するシステムが無い事に気が付きます。
じつは、このマグネットがカートリッジの位置(内周か外周か)に合わせて、
連続してアンチスケーティング量が変化するシステムとなっており、
スタイラスが安定して溝のセンターをトレースします。

その他にも、大変周到な設計がされている点も『Viroa 10inch』の魅力です。


※Tien Audio Viroa 10inch トーンアーム

カーボン製のアームパイプに対し、カウンターウェイトの位置を低く設置する事で、
安定したトレースが行われるようになっています。
内部配線には、van den Hul社製の純銀導体を採用するといった、細やかさもあります。


さらに、Tien Audioを取り扱うTOPWINGの独自ブランドから登場した、
話題の高性能カートリッジ『青龍』もご用意する事が出来ました。


※TOPWING 青龍 NEW

このモデルは、MM型でも、MC型でもない、
新しい発電方式『コアレス・ストレートフラックス』を採用したカートリッジです。

システム的には、MM型の様にマグネットが振動してコイルを発電します。

通常のMM型は、磁石から離れた場所にあるコイルで発電します。


※MM型カートリッジの構造

MM型では、スタイラスに取り付けられた磁石の磁力を後方にコア材で引っ張り、
そこに大量のコイルを巻く事で大きな電力を取り出しています。
磁石を振動させる事で磁束変化を起こし、
その変化をコア材に巻かれたコイルに伝える事で発電しているのです。
ただしその経路は長く、その間に大きな損失が生まれてしまうという弱点があります。

それに対し『青龍』では、マグネットの直上にコイルが配されています。


※青龍の構造

さらに、このコイルはコア材が無いため、
コア材に起因する磁気歪みが無いという利点があります。
ただし、MM型の出力電圧が3~5mV程度あるのに対し、
0.2mVという低い出力電圧となりますが、MC型と同等ですので問題はありません。

さらに、MC型の様にコイルとカンチレバーが一体化されていませんので、
比較的低価格で針交換が可能という、うれしい魅力もあります。
※本体価格は500,000円(税別)と高額ですが、針交換の費用は50,000円(税別)です。


Tien Audio TT3&Viroa 10inch ベルトドライブ式レコードプレーヤー NEW
定価550,000円(セット/税別)

TT3
 駆動方式 : 3モーター・ベルトドライブ式
 モーター : DCサーボモーター*3基
 対応回転数 : 33 1/3、45、78回転
 プラッター : アクリル製1kg
 トーンアーム取付可能数 : 最大3本
 サイズ : W320mm*H120mm*D320mm(本体のみ)
 重量 : 11kg(本体のみ)
 付属品 : モーター・コントローラー、ACアダプター

Viroa 10inch 付属トーンアーム
 方式 : ワンポイント・マグネティック・ダンピングシステム
 実行長 : 245mm
 オフセット角 : 21.5度
 オーバーハング : 15mm
 アーム素材 : カーボンファイバーチューブ
 内部配線 : van den Hul社製・純銀リッツ線
 出力端子 : RCA端子*2+GND

オプション : 別途お見積もりとなります
 TT3本体の色変更
 Viroaトーンアームの追加
 トーンアームベースの追加(各社対応可能)


TOPWING 青龍 フォノカートリッジ NEW
定価500,000円(税別)

発電方式 : コアレス・ストレートフラックス方式(MCポジションで使用可能)
針先 : ラインコンタクト針
カンチレバー素材 : アルミニウム
出力電圧 : 0.2mV 5cm/sec.
内部インピーダンス : 12.3Ω/1kHz
適正針圧 : 1.75g~2.00g
自重 : 12.3g
付属ヘッドシェル装着時重量 : 30g
付属ヘッドシェル : 超々ジュラルミン製
針交換 : 50,000円(税別)



『アナログ祭』に関しては、こちらの特設ページをご覧ください↓

http://nojima-audiosquare.blogspot.jp/p/aud.html


『アナログ祭・2017夏』は8月11日から16日の間、開催いたします。
開催日 : 2017年8月11日(金)~8月16日(水)
開催時間 : 10:00~閉店まで
開催場所 : オーディオスクェア藤沢店・試聴室


ご希望の組み合わせで、アナログレコードの魅力をお楽しみいただけます。
1時間を目途に、お部屋のご予約も承ります。
もちろん、レコードの持ち込みや、カートリッジの持ち込みも大歓迎です。

お部屋のご予約等は、お電話で承ります。
オーディオスクェア藤沢店 TEL 0466-31-0603




▽△

0 件のコメント:

コメントを投稿

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています

Accuphase・オーディオスクェア全店取扱いしています
ノジマ・オーディオスクェアは、Accuphase製品、神奈川県No.1の正規取扱い法人です。メンテナンスも含めご相談お待ちしています。